野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA宮崎敏郎、セ打率1位確定的 規定打席初到達→首位打者獲得の偉業

10月1日、巨人が阪神に負け、DeNAが広島に勝ったことで、DeNAの2年連続のポストシーズン進出が決まった。この日の試合でDeNA宮崎敏郎は、初の首位打者をほぼ確定させた。

プロ5年目の宮崎が初の首位打者へ

 10月1日、巨人が阪神に負け、DeNAが広島に勝ったことで、DeNAの2年連続のポストシーズン進出が決まった。この日の試合でDeNA宮崎敏郎は、初の首位打者をほぼ確定させた。

【PR】「DAZN」ならDeNA戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 以下は10月1日終了時点でのセ・リーグ打撃5傑。

1位・宮崎敏郎(De).3222(478打数154安打) 残2試合
2位・マギー(巨).3141(519打数163安打) 残1試合
3位・大島洋平(中).3130(476打数149安打) 残4試合
4位・安部友裕(広).3099(413打数128安打) 残0試合
5位・丸佳浩(広).3075(556打数171安打) 残0試合

 1位宮崎と8厘差の2位、巨人マギーは、残り1試合。6打数6安打でも打率は.3219で宮崎(.3222)に届かない。安部、丸の広島勢はすでに10月1日に全日程が終了し、試合がない。残るは中日の大島だ。残り4試合。本来ならば最大20打席程度の機会がある。7打数7安打で宮崎に追いつくはずだが、大島は9月1日に右足腓骨を骨折して登録抹消。一足早くシーズンを終えている。

 この成績だけを見ると、宮崎が圧倒的に有利だが、1週間前はそうではなかった。1週間前の9月24日のセ・リーグ打撃5傑は以下。

1位・宮崎敏郎(De).3173(460打数146安打)
2位・マギー(巨).3168(505打数160安打)
3位・大島洋平(中).3130(476打数149安打)
4位・安部友裕(広).3099(413打数128安打)
5位・丸佳浩(広).3094(543打数168安打)

 この時点でも宮崎が1位だったが、2位マギーとの差は5毛、3位大島とも4厘差、全く予断を許さなかった。しかしこの1週間(9月26日以降)で宮崎が18打数8安打、打率.444と打ちまくったのに対し、マギーは14打数3安打、この間に決着がついたのだ。宮崎のDeNAとマギーの巨人は、激しい3位争いをしていた。2人の打撃成績の差は、そのままチームの明暗にもつながった。

 宮崎は、5年目の今季初めて規定打席に到達。初規定打席で、即、首位打者はこれまで17例ある。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬