野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍J社会人代表、ドラ1候補の田嶋が初戦先発回避、2日前に頭部に送球受ける

侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日から台湾で始まった。開幕戦となる香港戦は、今季ドラフト1位候補の田嶋大樹投手(JR東日本)が先発予定だったが、9月30日の練習中に頭部に送球を受けた影響から登板は回避された。

侍ジャパン社会人代表の田嶋大樹【写真:Getty Imags】
侍ジャパン社会人代表の田嶋大樹【写真:Getty Imags】

台湾入り後の練習でアクシデント、病院で検査も異常なし

 侍ジャパン社会人代表が出場する「第28回 BFA アジア選手権」が2日から台湾で始まった。開幕戦となる香港戦は、今季ドラフト1位候補の田嶋大樹投手(JR東日本)が先発予定だったが、9月30日の練習中に頭部に送球を受けた影響から登板は回避された。

今後も守り抜く「日本の伝統」 アジア制覇の侍ジャパン社会人代表、勝因は守備力(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 社会人日本代表チームは9月30日に日本を出発。台湾に到着後、現地で練習を行った。その練習中に野手の送球が田嶋の頭部に当たり、現地の病院で検査を受けたが、異常はなかった。1日の練習は軽めに行い、この日は通常通りに練習。キャッチボールも再開した。「頭ですからね。大事をとって」と石井章夫監督。アクシデントから2日後という日程や調整面も考慮し、香港戦には先発しなかった。

 3日の第2戦パキスタン戦での登板は未定だが、投球練習は行う予定だ。石井監督は「ピッチングはこの2日くらいやっていないので、無理はさせなくてもいいかなと思っています。まずは明日、ピッチングをしてみてですね」と大事を取らせる方向だ。

 中国の出場辞退で4日に予定されていた試合がなくなり、3日のパキスタン戦が予選ラウンド最終戦となるため、田嶋は6日からの準決勝に向けて調整を進めることになりそうだ。

(高橋昌江 / Masae Takahashi)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング