野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • Gマギー、際立つ「二塁打」 セ記録11年ぶり更新の可能性

Gマギー、際立つ「二塁打」 セ記録11年ぶり更新の可能性

巨人は惜しくもポストシーズン進出を逃したが、残り1試合でケーシー・マギーは、二塁打のセ・リーグ記録を更新する可能性が残っている。

NPBのシーズン二塁打数10傑(今季のマギーを含む)
NPBのシーズン二塁打数10傑(今季のマギーを含む)

マギー、二塁打のセ記録なるか

 巨人は惜しくもポストシーズン進出を逃したが、残り1試合でケーシー・マギーは、二塁打のセ・リーグ記録を更新する可能性が残っている。

 以下はNPBのシーズン二塁打数10傑(※今季のマギーを除く)

1谷佳知(オリックス)52(2001年)
2福浦和也(ロッテ)50(2003年)
3クラーク(近鉄)48(1998年)
4山内和弘(毎日)47(1956年)
4福留孝介(中日)47(2006年)
6松井稼頭央(西武)46(2002年)
7大沢清(大洋)45(1950年)
7松原誠(大洋)45(1978年)
7森野将彦(中日)45(2010年)
10青木宣親(ヤクルト)44(2010年)
10井口資仁(ロッテ)44(2010)

 マギーは現在47二塁打。2006年に当時中日の主軸打者だった福留孝介が作った47二塁打に並んでいる。

 はじめてシーズン二塁打が40本に達したのは、二リーグが分立した1950年。当時34歳だった大洋(現DeNA)の大沢清が45二塁打を記録(同年、大阪の藤村富美男も41二塁打を記録)。ちなみに大沢清は、“大沢親分”こと故大沢啓二元日本ハム監督の16歳年長の兄だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」