野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 「情熱はある」― ダルビッシュ恩師が抱く自身3校目の甲子園への思い

「情熱はある」― ダルビッシュ恩師が抱く自身3校目の甲子園への思い

今夏の甲子園王者・花咲徳栄の優勝で幕を閉じた秋季高校野球埼玉大会。67歳の若生正広監督が率いる埼玉栄は先月29日に行われた準々決勝で今夏の埼玉大会4強の山村学園に2-5で敗れ、10年ぶりのベスト4進出はならなかった。

埼玉栄高校・若生正広監督【写真:河野正】
埼玉栄高校・若生正広監督【写真:河野正】

東北高校ではダルビッシュを擁し甲子園準V、若生監督の新たな挑戦

 今夏の甲子園王者・花咲徳栄の優勝で幕を閉じた秋季高校野球埼玉大会。67歳の若生正広監督が率いる埼玉栄は先月29日に行われた準々決勝で今夏の埼玉大会4強の山村学園に2-5で敗れ、10年ぶりのベスト4進出はならなかった。

 若生監督は米大リーグ、ドジャースのダルビッシュ有投手を母校の宮城・東北高校で指導し、2003年夏の甲子園ではダルビッシュを擁して準優勝。監督を務めた1993年から04年まで、甲子園には春夏合わせて7度出場した。05年8月から指揮を執った福岡・九州国際大付属高校では、11年の選抜大会で準優勝。甲子園には通算11度出場し、大勢の教え子をプロ球界に送り込んだ。

 15年4月に埼玉栄へ復帰。「東北と九州国際は出場させたのに、サカエは甲子園に連れて行ってもらえません、と卒業生から言われてね。(故・佐藤栄太郎)理事長との(甲子園出場という)約束も果たしていなかったから」との理由で思い出の地に戻って来た。

 ダルビッシュの恩師として、甲子園の常連監督としてすっかり著名になった若生監督だが、指導者としてのキャリアをスタートさせたのが、ほかならぬ埼玉栄だ。法大から社会人野球のチャイルドでプレーし、スポーツメーカーに勤務した後、87年に埼玉栄に着任。36歳で指導を始め、就任2年目の春季県大会で準優勝し関東大会でも4強入りした。

 しかしそのころ低迷中だった東北高校の再建を要請され、わずか3年で埼玉栄を去ってしまう。「強化はまだまだこれからという時期だし、愛着もあっただけに苦渋の選択だった」と述懐する。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬