野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 大一番を前に淡々…Dバックス・グリンキー、“捕手質問“に「僕の仕事じゃない」

大一番を前に淡々…Dバックス・グリンキー、“捕手質問“に「僕の仕事じゃない」

ザック・グリンキー投手は2009年にサイ・ヤング賞に輝いたメジャー屈指の右腕だが、メディア泣かせの取材の“塩対応”でも有名だ。

記者会見に応じるダイヤモンドバックスのザック・グリンキー【写真:編集部】
記者会見に応じるダイヤモンドバックスのザック・グリンキー【写真:編集部】

勝てば古巣ドジャースと対戦へ、「できるだけ多くいいボールを投げること」

 2001年以来のワールドシリーズ制覇を目指すダイヤモンドバックスは4日(日本時間5日)に本拠地チェイス・フィールドでロッキーズとのナ・リーグワイルドカードゲームに挑む。一発勝負のこの試合で先発するザック・グリンキー投手は2009年にサイ・ヤング賞に輝いたメジャー屈指の右腕だが、メディア泣かせの取材の“塩対応”でも有名だ。

日の丸を背負う逸材を育てるために―遅咲きの強打者・和田一浩氏が語る育成論(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 3日の練習前に記者会見に出席したグリンキーは、番記者との質疑応答で持ち前の“厳しさ”を発揮。一方で、会場を沸かせる一幕も見せた。

「自分の準備に集中するだけ。いつも通りにスカウティングレポートに沿っていいピッチングを心がけたい。いい結果が出ることを望んでいるけれど、それは保証できない」

 メジャー14年目のエースは淡々としていた。ドジャース時代の2015年以来となるポストシーズンにも口調に熱は帯びず、高揚感をほとんど示さなかった。

 勝てば古巣ドジャースとの地区シリーズでの対戦権を手にできる。チームの命運を担う大役だが、「プレーオフやビッグゲームでプレーできるのはいいこと。でも、あまり現状を考えすぎないようにしている。いい試合をして、勝てればいい。そうならなかったら残念だ。ただ準備をする。自分のできることをする。できるだけ多く自分が投げられるだけのいいボールを投げること」と平静を貫いた。

 ただ、淡々とした質疑応答が盛り上がったのは番記者のある質問だった。

「明日プレートの向こう側にいる選手についてどう思いますか? それぞれの捕手とどんな連携を見せるのか?」

人気記事ランキング