野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • これぞ「二刀流」 「4番・大谷」が先制呼び、「投手・大谷」で今季初完封

これぞ「二刀流」 「4番・大谷」が先制呼び、「投手・大谷」で今季初完封

パ・リーグ史上初となる、「4番・投手」で今季ラスト登板に臨んだ日本ハムの大谷翔平は、投手として最速162キロの速球を軸にオリックス打線に2本の安打しか許さず、今季初の完封勝利。打者としては後の先制打を呼び込む安打を放つなど「二刀流」として最高の形で応えた。

日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】
日本ハム・大谷翔平【写真:(C)PLM】

9回2安打5四球10奪三振の圧巻の完封劇、最終登板で有終の美を飾る

 パ・リーグ史上初となる、「4番・投手」で今季ラスト登板に臨んだ日本ハムの大谷翔平は、投手として最速162キロの速球を軸にオリックス打線に2本の安打しか許さず、今季初の完封勝利。打者としては後の先制打を呼び込む安打を放つなど「二刀流」として最高の形で応えた。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 1回、1番のT-岡田に対し、初球、2球目と158キロの剛速球を連発し、二ゴロに打ち取ると、続く2番の大城は141キロのフォークで空振り三振。3番の小谷野も158キロの速球で一ゴロに打ち取り、わずか7球で危なげなくオリックス打線を無失点に抑えた。続く1回裏に大谷は、4番打者として2死二塁といきなり先制の好機で打席に入ったものの、ここは一ゴロに倒れ、自身のバットで先制とはならなかった。

 2回は5番の中島を驚異的な変化量のスライダーで空振り三振に打ち取ると、6番の武田も162キロの剛速球で2者連続となる空振り三振に斬った。3回も2三振を奪って3者凡退。3イニングを投げて、27球、被安打0、奪三振5、無失点と文句なしの完璧な立ち上がりを見せた。

 4回、2巡目を迎えても安定した投球は揺るがず。1死から2番の大城をスライダーで空振り三振に仕留め、3番の小谷野は外角への159キロの直球で2者連続三振。投球テンポの良さを打撃にも生かし、第2打席ではオリックス先発・金子の直球を綺麗に中前にはじき返して、この試合初の安打を放った。この一打を皮切りに打線の連打で2死満塁の好機を作ると、7番の大田が走者一掃の適時二塁打を放ち、大谷に3点の援護を送った。

 5回、4番のマレーロに初安打を許し、続く中島に四球を与えて無死一、二塁とこの試合初めて得点圏に走者を背負う。しかし、ここからまた一段階ギアを上げた大谷は、160キロ前後の直球と切れ味抜群のスライダーで後続を危なげなく打ち取り、無失点で切り抜けた。

 続く6回も2死一、二塁のピンチを背負ったものの、4番のマレーロを156キロの直球で一邪飛。今季自身最長の7回のマウンドにも上がると、直球、変化球共に全く疲れを感じさせず、この試合5度目の3者凡退に打ち取った。

 8回は1死三塁と再びピンチを迎えたが、1番のT-岡田を160キロの直球でこの試合10個目の三振に仕留めるなどオリックス打線をねじ伏せ、無失点。今季初の完封勝利を目指して9回のマウンドにも上がり、四球で走者を得点圏に背負いながらも、後続を併殺に打ち取って試合終了。9回124球、被安打2、与四球5、10奪三振の圧巻の投球で今季初の完封勝利を手にした。

 球史に残る「4番・投手」としての起用でしっかりと結果を残した大谷のプレーは、本拠地最終戦に集ったファンの心に深く刻まれたことだろう。進化を続ける二刀流は来季以降、どんな驚きを提供してくれるのか。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」