野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

菊池雄星、史上8人目の投手5冠に届かずも、データが示すリーグNO.1の実力

西武の菊池雄星は、10月3日の楽天戦で8回を自責点1の好投で16勝目を挙げ、勝ち星でソフトバンクの東浜巨と並んだ。東浜は9月24日に腰の張りを訴えて登録抹消されているので、最多勝はほぼ確実と見られる。

西武・菊池雄星【写真:編集部】
西武・菊池雄星【写真:編集部】

3日の楽天戦で8回を自責点1で16勝目、防御率は驚異の1点台

 西武の菊池雄星は、10月3日の楽天戦で8回を自責点1の好投で16勝目を挙げ、勝ち星でソフトバンクの東浜巨と並んだ。東浜は9月24日に腰の張りを訴えて登録抹消されているので、最多勝はほぼ確実と見られる。

 今季の菊池は抜群の安定感を見せている。8月には審判から「2段モーション」の警告を受けたが、その後フォームを修正し、先発投手の最高の栄誉とされる「投手5冠」も期待された。

 投手5冠各部門の菊池の成績は次の通りだ。

勝利数 16(1位タイ)
完封数 4(1位)
勝率 .727(東浜の.762に次ぐ2位)
奪三振 217(1位)
防御率 1.97(1位)

 菊池はすでにポストシーズンに備えて登録抹消されている。5日の最終戦には登板しないので、勝率では東浜に及ばない。そのため、惜しくも史上8人目となる「投手5冠」には届かなかった。

 さらに、奪三振数では楽天の則本昂大が214個で2位につけている。楽天の残り試合はNPB最多の5試合もあり、則本は8日に先発が予定されているため、奪三振数で菊池を抜く可能性は高い。となれば、投手4冠も厳しいところだろう。

 なお、則本は現在14勝のため、あと2試合に先発して2勝すれば、16勝で菊池と東浜に並ぶことになるが、楽天はポストシーズンを控えているため、無理をさせることはないようだ。

人気記事ランキング