野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム大田、サイクル安打に三塁打足らずも3安打4打点1盗塁で勝利に大貢献

日本ハムは5日、敵地での西武戦に8-6で勝利した。

日本ハム・大田泰示【画像:(C)PLM】
日本ハム・大田泰示【画像:(C)PLM】

6回に特大15号2ランで決勝点挙げる

 日本ハムは5日、敵地での西武戦に8-6で勝利した。乱打戦となったこの日は、大田泰示外野手が1発を含む4打数3安打4打点の活躍。サイクル安打まで残り三塁打とリーチをかけて臨んだ第5打席には、四球を選んで盗塁を決める暴れっぷりだった。

 大田は初回に1死二塁から三塁内野安打を放ち、この回3点先制の攻撃をつないだ。2回の第2打席には、左翼へ二塁打を放って1打点。同点に追いつかれて迎えた6回の第3打席には、特大のアーチを中堅へ運び、2点を勝ち越した。サイクル安打にあと三塁打1本とした第5打席は四球だったが、出塁するとすかさず二盗。最後まで攻めの姿勢を忘れなかった。

 投手陣は、先発の吉田が6回途中を6失点で降板。その後を公文、鍵谷ら救援陣が無失点でつなぎ、乱打戦を制した。

 西武は先発ウルフが4回途中を6失点KO。打線は2回に森と中村がアベック弾、5回には山川がソロ弾を放つなど、6点を挙げたが及ばず。今季最終戦を黒星で終えた。

人気記事ランキング