野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテが劇的サヨナラ勝利、9回2死から井上が一塁ヘッスラの決勝遊撃安打

ロッテは5日、本拠地での楽天戦で3-2で劇的サヨナラ勝ちを飾った。

楽天古川は8回まで2失点で持ちこたえるも無念の完投負け

 ロッテは5日、本拠地での楽天戦で3-2で劇的サヨナラ勝ちを飾った。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 この日はロッテ佐々木、楽天古川の両先発が投手戦を演じた。佐々木は初回と3回に1点ずつを失ったが、5回からは3イニング連続で3者凡退の快投。結局、7回を投げて5安打4奪三振3四球で2失点と好投した。

 打線は楽天古川の前に初回から6者連続凡退とされるも、2点を追う3回に加藤の中越え三塁打で一気に同点に追いついた。その後も古川の好投に苦戦するが、同点で迎えた9回に攻めた。先頭の清田、続く大嶺翔の連打などで2死二、三塁とサヨナラの絶好機を迎えると、ここで代打の井上が登場。カウント2-2からの打球が遊撃へのゴロとなり、万事休すと思われたが、一塁へ決死のヘッドスライディングでセーフ。三塁走者の清田がサヨナラのホームを踏み、勝利を収めた。

 楽天は先発の古川が9回のマウンドまで1人で投げ切る熱投を披露したが、118球目で涙を呑んだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」