野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

まさに西武遊撃手の救世主 源田が56年ぶりの新人フルイニング出場を達成

2012年オフに中島(現オリックス)が米球界挑戦のために退団して以降、埼玉西武にとって遊撃手のレギュラー選手の固定は急務となっていた。そこに2017年、一人の救世主が現れた。それが源田であった。

西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】
西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】

1961年の徳武氏以来の快挙、10三塁打は新人歴代3位タイ&85得点は2位

 2012年オフに中島(現オリックス)が米球界挑戦のために退団して以降、埼玉西武にとって遊撃手のレギュラー選手の固定は急務となっていた。そこに2017年、一人の救世主が現れた。それが源田であった。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 新人ながら開幕スタメンを勝ち取ると、以降は遊撃のポジションが源田の定位置となっていった。そして、迎えた今季最終戦。源田は史上二人目の新人での盗塁王と1961年の徳武定之氏(国鉄)以来の56年ぶりとなる新人でのフルイニング出場の可能性を残しながら、プレーボールを迎えた。

 北海道日本ハムに3点を先制されて迎えた1回裏の第1打席。無死二塁の好機で、先発・吉田の144キロの内角の直球を捉えると、打球は右中間を真っ二つに破る適時三塁打。パ・リーグ新人記録3位タイとなる10本目の三塁打となった。

 また、続く秋山の打席間に本塁へ生還。これで今季85得点目を挙げ、パ・リーグ新人歴代2位の得点数となった。初回だけで源田は歴代の偉大なる選手たちの記録を上回ったのだ。

 試合は互いに点を取り合う展開となり、序盤終了時点でのスコアは4-5。1点ビハインドで迎えた第2打席。カウント1-1からの136キロのフォークを引っ掛けると、一塁手正面へのゴロに。第2打席は内野ゴロに倒れてしまう。第3打席は初球に外角の直球を見逃すと、2球目も外角の変化球に手が出ず。あっという間にカウント0-2と追い込まれる。カウント2-2となって迎えた7球目。ここまで外寄りの配球が続いていたため、外角の球に意識があったのか、内角低めの直球を空振り。なかなか出塁できず、試合は折り返しを迎えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」