野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 救援との双方での活躍は難しい―過去に50試合登板を経験した先発投手たち

救援との双方での活躍は難しい―過去に50試合登板を経験した先発投手たち

中継ぎ投手の貢献度を示す1つの数字として、「50試合登板」が挙げられる。パ・リーグを代表する救援左腕・宮西(北海道日本ハム)は今季、リーグ初となる10年連続50試合以上登板を達成。中継ぎのスペシャリストが到達することが多いこの記録だが、ここでは中継ぎとしてフル回転した経験を持ちながら、今季先発に転向した投手を紹介したい。

日本ハム・白村明弘【写真:石川加奈子】
日本ハム・白村明弘【写真:石川加奈子】

日ハム白村は今季プロ初先発を経験

 中継ぎ投手の貢献度を示す1つの数字として、「50試合登板」が挙げられる。パ・リーグを代表する救援左腕・宮西(北海道日本ハム)は今季、リーグ初となる10年連続50試合以上登板を達成。中継ぎのスペシャリストが到達することが多いこの記録だが、ここでは中継ぎとしてフル回転した経験を持ちながら、今季先発に転向した投手を紹介したい。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 まずは、北海道日本ハムの白村から。今季、白村が先発マウンドに上がったことは、若手選手が存在感を示すチームにおいても、驚きの起用だったのではないだろうか。2013年、慶應大学からドラフト6位で入団した右腕は、1年目から中継ぎとして10試合に登板。翌年は50試合に登板し、1軍定着を果たす。187センチの長身から投げ下ろす150キロ超の直球と鋭く落ちるフォークボールを武器に、57回2/3を投げ66個の三振を奪う本格派の投球で、プロの打者を圧倒した。シーズン終盤には勝ちパターンの一角に定着し、13ホールドを記録している。

 今季は開幕こそファームで迎えたものの、6月中旬に昇格して以降は中継ぎとして7試合に登板し、失点したのはわずかに1試合、防御率2.53と安定感を見せていた。ところが、7月4日の埼玉西武戦で3回1/3を無失点、4奪三振と好投すると、一旦登録を抹消され、先発としての調整を開始する。

 そして7月10日、ファームの巨人戦でプロ初の先発登板を果たすと、翌週にも先発として1試合を投げ、7月18日の埼玉西武戦で1軍の先発マウンドを踏んだ。2試合目となった7月29日は、福岡ソフトバンクを相手に5回2失点とまずまずの投球を披露。その後は再び中継ぎとして登板を重ねているが、先発登板を再び見ることはできるか。注目していきたい。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬