野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

かつての“恋人”!? Dバックスが地区Sの「救援・前田」を警戒「タフな存在」

2001年以来のワールドシリーズ制覇を狙うDバックスのデリック・ホール球団社長は、単独インタビューでドジャースの日本人右腕コンビ、ダルビッシュ有、前田健太両投手の実力を称賛。特にポストシーズンでブルペンに回った前田に警戒を強めている。

ダイヤモンドバックスのホール球団社長【写真:編集部】
ダイヤモンドバックスのホール球団社長【写真:編集部】

レギュラーシーズンではドジャースに勝ち越し「我々にはチャンスがある」

 ドジャースは6日(日本時間7日)からのナ・リーグ地区シリーズで、ロッキーズとのワイルドカードゲームを11-8で制したダイヤモンドバックスと対戦する。2001年以来のワールドシリーズ制覇を狙うDバックスのデリック・ホール球団社長は、単独インタビューでドジャースの日本人右腕コンビ、ダルビッシュ有、前田健太両投手の実力を称賛。特にポストシーズンでブルペンに回った前田に警戒を強めている。

 ワイルドカードゲームでは本拠地チェイス・フィールドに豪打を誇るロッキーズを迎えたDバックスは、圧倒的な打線の破壊力を見せつけて、見事に撃破した。超満員の大観衆は勝利直後に「ビート・LA!(ロサンゼルスをやっつけろ)」の大合唱。今季、両リーグ最高勝率を誇る西海岸の名門撃破へ向けて、勢いに乗った。

 高揚感に支配されるアリゾナで、ホール球団社長もまたドジャース戦へ視線を向けていた。

「我々には(リーグ優勝決定戦に進む)チャンスがあると思う。なぜなら、我々はドジャースとのマッチアップはすごく良かったんだ。レギュラーシーズンでは18戦11勝。相性は悪くなかったんだよ」

 ナ・リーグ西地区を104勝で制したドジャースの後塵を拝したDバックス。93勝で2位となり、ワイルドカードに回ったが、直接対決では優位に立っていた。

 メジャー最強左腕のクレイトン・カーショー、若き強打者コーリー・シーガー、コディ・ベリンジャーら実力者揃いのドジャースで、ホール社長は野茂英雄氏在籍時に広報部長を務めていた因縁もある。そして、親日家のチーム首脳は日本人投手コンビにも警戒している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」