野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1年で平均球速10キロアップ、驚異の育成新星に2軍監督も絶賛「たまらない」

2年ぶりにリーグ優勝を果たしたソフトバンクに、またしても将来が楽しみな新星候補がいる。背番号134。育成選手の長谷川宙輝投手。

ソフトバンク・長谷川宙輝【写真:福谷佑介】
ソフトバンク・長谷川宙輝【写真:福谷佑介】

2016年育成ドラフト2位入団の左腕・長谷川宙輝

 2年ぶりにリーグ優勝を果たしたソフトバンクに、またしても将来が楽しみな新星候補がいる。背番号134。育成選手の長谷川宙輝投手。千賀滉大、石川柊太、甲斐拓也といった面々を輩出したソフトバンクの育成選手から、また大物誕生の気配が漂っている。

 2016年の育成ドラフト2巡目の長谷川宙。東京の聖徳学園高校からソフトバンクに今季から入団した1年目ルーキーである。高校時代は西東京のドクターKと称され、2年生の秋には日本工大駒場戦で1試合20奪三振という驚異の三振数を記録したこともある左腕だ。

 1年目の今季は3軍戦で15試合に投げて3勝4敗1セーブの成績を残し、9月19日のウエスタンリーグ・オリックス戦(舞洲サブ)で2軍戦デビュー。この試合では自己最速の149キロをマークし、センセーショナルなデビュー戦となった。

 27日の同リーグ中日戦(タマスタ筑後)では、3度目の3軍戦登板。6回に2番手としてマウンドに上がると、先頭の赤坂を145キロで右飛。続く友永にはこの日最速の148キロのストレートを軸に、最後は縦に鋭く変化するスライダーで空振り三振。さらに三ツ俣からは147キロの真っ直ぐで見逃し三振を奪った。圧巻の投球内容に「自分は腕を振る投球スタイルで、それが今日は出来たと思います」と納得の表情を浮かべた。

 ウエスタンリーグ3試合は全て中継ぎで登板。ストレートは常時140キロ台中盤をマークし、3回を投げて6個の三振を奪っている。高校時代の最速は144キロながら、アベレージは130キロ台。プロ入りから半年ほどで最速が5キロ、平均球速では10キロ近くアップした。長谷川自身も「自分でもビックリしています」と驚くほどの急成長を遂げている。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中