野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトB吉村、狙って打った劇的サヨナラ弾「最後に悔いを残さないように」

6日、ソフトバンクはヤフオクドームでホーム最終戦を行い、延長の末にオリックスに4-3でサヨナラ勝ち。接戦に決着をつけたのは、吉村裕基の劇的な代打サヨナラ弾だった。

ソフトバンク・吉村裕基【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・吉村裕基【画像:(C)PLM】

延長12回にドラマ、狙ったのは「ホームランです」と即答

 6日、ソフトバンクはヤフオクドームでホーム最終戦を行い、延長の末にオリックスに4-3でサヨナラ勝ち。接戦に決着をつけたのは、吉村裕基の劇的な代打サヨナラ弾だった。

 今シーズンの142試合目。ホーム最終戦はオリックスの前に劣勢が続いていた。5回までに3点をリードされ、ようやく同点に追いついたのは土壇場の9回裏2死からだった。延長に入っても決め手を欠き、このまま今季初の引き分け試合になるかと思われた12回裏にドラマが待っていた。

 マウンドにはオリックスの7番手・澤田圭佑。ソフトバンクのベンチは、先頭打者・本多雄一に代わって吉村を打席に送った。1球目を見送ってボール、2球目は外へのカットボールに空振り。そして3球目に同じカットボールが甘めに入ってきたのを吉村は見逃さなかった。気持ちよくバットを振り抜くと、打球は左中間スタンドの前列で弾み、ホームランテラスに落下した。今季2号は劇的なサヨナラ弾。大歓声の中でベースを周る吉村を待っていたのは、チームメートからの手荒い祝福だった。

 延長12回、先頭打者への代打起用。吉村に期待されるのも、吉村が狙うのも一発だけだった。「ファームでも5本くらいしか打ってないですけど」と言いつつも、「つなぐ意識はあったか」という問いかけに吉村は「いや、(狙ったのは)ホームランです。最後に悔いを残さないように」と即座に答えた。

人気記事ランキング