野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

シーズン最少失策のプロ野球タイ記録の可能性 ホークスの「守」という武器

投手力、打撃力の影に隠れがちな守備力に関しても、福岡ソフトバンクはずば抜けた数字を残している。 

ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・中村晃【写真:荒川祐史】

現在リーグ最少の「38」失策

 9月16日、史上最速でパ・リーグ優勝を決めた福岡ソフトバンク。本塁打と打点の2部門でトップを走るデスパイネや、最多勝のタイトル獲得が決定的な東浜などを擁し、投打における選手の能力の高さ、層の厚さがクローズアップされる。しかし、投手力、打撃力の影に隠れがちな守備力に関しても、福岡ソフトバンクはずば抜けた数字を残している。 

【PR】「DAZN」ならソフトバンク戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 現在の福岡ソフトバンクの失策数はリーグ最少の38。2番目に少ない楽天が68個であり、3番目に少ないオリックスの74個と比べると、実にその約半分である。さらに、シーズン最少失策数は1991年に西武が記録した38。このままシーズンを終えれば、福岡ソフトバンクはプロ野球記録に並ぶ「鉄壁のチーム」であると言うことができる。 

 また、三塁手の松田と遊撃手の今宮は、規定試合数に到達している選手の中で最も失策が少なく、さらに守備率もリーグトップ。鮮やかなレーザービームが自慢の上林は今季失策0で、同じ外野手の中村晃、柳田はガッツあふれるプレーで幾度となくチームを盛り立ててきた。捕手の甲斐も、今季の失策数わずか1。リードのほかにも単純な「守り」の面で、堅実に投手の信頼に応えてきた。 

 このようにリーグ最強の守備力を誇る福岡ソフトバンクだが、工藤監督就任前の2014年は69失策でリーグ3位と、突出した成績は残していなかった。ただ、工藤監督就任後、失策数はそれほど変わらなかった(2015年は68失策、2016年は67失策)ものの安定しており、2年連続でリーグ最少の失策数となった。 

 工藤監督は現役時代、シーズン失策最少記録を残した西武に在籍しており、守備の重要性、こと堅守がもたらす投手への好影響については熟知していることだろう。この年、西武はパ・リーグを制し、そのまま日本一に輝いた。奇しくもそれと同じく鉄壁の守備陣を擁する福岡ソフトバンクが、「投」「打」「守」全てを揃えて、手堅く2年ぶりの頂へと突き進む。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」