野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「福岡発 売り子名鑑」メンタル強いストイック女子、自己最高は200杯 

球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第28回をお届けする。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りを見つけ、今季も残りわずかとなった中で、スタジアムでの楽しみの1つとなれば、幸いだ。

キリンビールの「めぐ」さん【写真:福谷佑介】
キリンビールの「めぐ」さん【写真:福谷佑介】

1年目はノルマ30杯も売れず、毎試合辞めることを考えたが… 

 球場の新たなエンターテインメントとなっている「売り子」。美女どころといわれる福岡のヤフオクドームで働くアサヒビール、キリンビールの両メーカーの売り子を不定期連載で紹介している「福岡発 売り子名鑑」の第28回をお届けする。これまでに紹介した売り子も含めてお気に入りを見つけ、今季も残りわずかとなった中で、スタジアムでの楽しみの1つとなれば、幸いだ。 

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 第28回はキリンビールの「めぐ」さんだ。 

 1年の浪人生活を経て、現在は大学4年生の「めぐ」さん。今シーズンは就職活動と学生生活、売り子の仕事を並行してこなし、ハードな日々を過ごした。「就職活動中のメンタルが、売り子をやっている時にも出てしまっていました。お客さまにも『暗いよ』と言われたりしました」。苦労の甲斐もあって、めでたく就職先も決定。残り少ない学生生活、ラストイヤーとなる売り子生活に奮闘している。 

 小学生の頃に、前身のダイエーのファンだったという彼女。大学受験を控えた最中、テレビで特集された売り子の姿を見て、この世界に興味を抱いた。「一見華やかに見える仕事だけど、すごい努力をしていて、自分との戦いで、すごく格好いいなと思ったんです。スポーツみたいだし、野球も好きだったのでやりたいと思いました」。大学入学を機に、売り子生活をスタートさせた。 

 今季が4年目。1年目は苦労しかなかったという。「最初の頃は全く売れませんでした。同期の中でも最下位、エリアの中でも最下位、ノルマとされる30杯も越えませんでした。毎試合辞めよう、次の連戦で辞めようと思いながらも、売り子が好きで辞められなかった」。 

 転機はやってきた。メーカーで行われた研修の場だった。「当時、ドームには伝説的な売り子さんがいらっしゃって、その先輩が色々と教えてくれました。ナンバーワンの先輩が教えてくれているのに、結果を出さないままに終われるわけがない」。ふつふつと燃え上がる感情があった。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」