野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1候補・田嶋、「ジャパン」での悔しさに“終止符” 運命の日へ「待つだけ」

侍ジャパン社会人代表が出場している「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)は8日、決勝が行われ、日本はチャイニーズ・タイペイに6-1で勝利。先発した今秋のドラフト1位候補・田嶋大樹投手(JR東日本)は今大会初マウンドで5回を3安打無失点。

侍ジャパン社会人代表・田嶋大樹【写真:高橋昌江】
侍ジャパン社会人代表・田嶋大樹【写真:高橋昌江】

アジア選手権決勝で5回3安打無失点「めちゃくちゃ嬉しかったです」

 侍ジャパン社会人代表が出場している「第28回 BFA アジア選手権」(台湾)は8日、決勝が行われ、日本はチャイニーズ・タイペイに6-1で勝利。先発した今秋のドラフト1位候補・田嶋大樹投手(JR東日本)は今大会初マウンドで5回を3安打無失点。走者を背負いながらも味方の好守備にも助けられ、粘り強く投げた。優勝を逃した2年前のリベンジを果たし、「本当に嬉しい。めちゃくちゃ嬉しかったです」と喜んだ。

稲葉監督就任の侍ジャパン、注目の初陣 馬原孝浩氏が「非凡なセンス」感じる若手候補は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 田嶋は初回を2つの三振と遊飛に抑え、上々の滑り出しを見せたが、2、3回はピンチを背負った。2回は先頭に四球を出し、パスボールで二塁に進められると、1死二塁から三遊間を破る安打を打たれた。1死一、三塁で1ストライクからの146キロ直球にバットを当てられ、ボールは高く弾んだが、セカンドの田中俊太内野手(日立製作所)が「田嶋も頑張ってくれていた。いいところに転がってきてくれた」と二塁ベース付近で打球を処理し、自ら二塁ベースを踏んで一塁へ転送。併殺で切り抜けた。

 3回には1死から2つの四球と内野安打で満塁とされたが、3番打者の中前に抜けそうな打球にショートの藤岡裕大内野手(トヨタ自動車)が飛びついて捕球。セカンドの田中にトスし、4-6-3のダブルプレーで大ピンチをしのいだ。

 4回は3人で終わらせ、5回は2死から一、二塁間を破るヒットを浴びたが、最後は二ゴロでしのいだ。「ああいう内容にはなったが、守備の方の有り難いバックアップもあって、無失点という形で終われて良かった」と息をついた。西武の渡辺久信SD、巨人の岡崎郁スカウト部長ら複数のNPB球団関係者が視察に訪れる中、しっかりと結果を出した。

人気記事ランキング