野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • “救世主”田中将大にNY紙絶賛の嵐「最高の結果」「監督のキャリア繋ぎとめた」

“救世主”田中将大にNY紙絶賛の嵐「最高の結果」「監督のキャリア繋ぎとめた」

崖っぷちのヤンキースを救った田中将大投手の力投をNYメディアが大絶賛した。

自身ポストシーズン初勝利を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
自身ポストシーズン初勝利を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

崖っぷちの登板で7回3安打零封、マー君に称賛の声「最高に勝負強い投手」

 崖っぷちのヤンキースを救った田中将大投手の力投をNYメディアが大絶賛した。8日(日本時間9日)、本拠地で行われたインディアンスとの地区シリーズ第3戦に先発し、7回無失点でヤンキースの1-0の勝利に貢献。自身、ポストシーズン(PS)初勝利を挙げた。エースとしての役割を果たした右腕に地元メディアから「タナカはヤンキースが最も必要としていたことをなし遂げた」など称賛の声が相次いだ。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 渡米4年目の今季レギュラーシーズンで初めて防御率4点台と、安定感を欠く投球が目立っていた田中。しかし最終戦の9月29日ブルージェイズ戦で7回3安打無失点と好投した勢いで、ポストシーズン初登板でも輝きを放った。 

 負ければ終わりの背水の登板で今季18勝の相手先発右腕カラスコと緊迫した投手戦を演じ、7回まで3安打7奪三振1四球、無失点の力投。7回裏、バードが先制弾でようやく援護を受けると、1-0の状況で降板し、救援陣に後を託した。その後、ヤンキースはロバートソン、チャプマンとつないで完封リレー。ヤンキースは連敗スタートとなった地区シリーズで初勝利を挙げ、崖っぷちで踏みとどまった。 

 試合後、地元メディアはこの日の主役の一人となった日本人右腕を大絶賛。米紙「ニューヨーク・ポスト」電子版は「マサヒロ・タナカは、ヤンキースが最も必要としていたことを成し遂げた」との見出しで速報。「タナカは4年に渡るヤンキースでのシーズンにおいて、最高の結果を記した」と賛辞を贈り、記事の中でジョー・ジラルディ監督は「(シーズン最後の登板で)15奪三振を記録したわけだが、今夜は強打の打線に対して最高のパフォーマンスであったし、無失点に押さえ込んでくれた。私がこれまで見てきたなかで、彼のベストパフォーマンスだろう」と称賛している。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」