野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・工藤監督、右脇腹肉離れの柳田に「ギリギリまで待つ」との思い伝える

ソフトバンクの工藤公康監督は11日、右脇腹の肉離れでリハビリ中の柳田悠岐外野手について、クライマックスシリーズが始まるギリギリまで回復を待つ考えを示した。 

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

工藤監督「彼がいるだけでプレッシャーになる」

 ソフトバンクの工藤公康監督は11日、右脇腹の肉離れでリハビリ中の柳田悠岐外野手について、クライマックスシリーズが始まるギリギリまで回復を待つ考えを示した。 

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 9月20日の日本ハム戦(札幌D)で、スイングした際に右脇腹を痛めた柳田。検査で「右腹斜筋損傷及び肋間筋損傷」などで全治3週間と診断されていた。ただ回復は思わしくなく、まだスイング出来る状態ではない。18日からのクライマックスシリーズ・ファイナルステージでの復帰が厳しくなってきている。

 この日、CSに向けて全体練習を再開させたソフトバンク。工藤監督は柳田について「みんなの思いは、コーチも含めて、ギリギリまで(待つ)という思いはあると思います。彼がいるだけで相手チームにとってはプレッシャーになると思うので、それも含めて本人には話をしました。ギリギリまで待つからねという話をしましたし、いるだけで相手に与えるプレッシャーも変わってくるし。アイツ自身はしっかり打てなきゃ、しっかり振れなきゃ、という思いがあるでしょうけど、こちら側の思いは伝えた上で出来る限り、しっかり大丈夫です、これでいけますというところまで、ギリギリまで待つからと話はしました」と語った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」