野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神・鳥谷、際立つ「選球眼」 最少本塁打で史上15人目の1000四球達成 

NPBでは2000本安打は50人、300本塁打は42人が達成している。しかし1000四球はたったの15人。地味な記録ではあるが、1000四球は球史に残る大記録だ。 

阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images】
阪神・鳥谷敬【写真:Getty Images】

史上15人目の1000四球に到達した鳥谷

 今シーズン最終の阪神-中日戦で、阪神の鳥谷敬は5回に中日の三ツ間から四球を選び、史上15人目の1000四球を達成した。 

 NPBでは2000本安打は50人、300本塁打は42人が達成している。しかし1000四球はたったの15人。地味な記録ではあるが、1000四球は球史に残る大記録だ。 

 一般論でいえば四球を多く選ぶ選手は、選球眼が良いということになるが、それに加えて本塁打が多い打者は投手が慎重に投げるために四球が増えるという傾向がある。投手は、「敬遠」はしないまでも、コースをついて勝負を避けることが多くなる。「四球が多い打者は、ホームランバッター」というのが、野球界の常識なのだ。 

 1000四球以上の選手の本塁打数を見るとそれがはっきりわかる。 

1王貞治 2390四球 868本塁打 
2落合博満 1475四球 510本塁打 
3金本知憲 1368四球 476本塁打 
4清原和博 1346四球 525本塁打 
5張本勲 1274四球 504本塁打 
6門田博光 1273四球 567本塁打 
7野村克也 1252四球 657本塁打 
8福本豊 1234四球 208本塁打 
9山本浩二 1168四球 536本塁打 
10谷繁元信 1133四球 229本塁打 
11立浪和義 1086四球 171本塁打 
12榎本喜八 1062四球 246本塁打 
13山内一弘 1061四球 396本塁打 
14中村紀洋 1030四球 404本塁打 
15鳥谷敬 1000四球 137本塁打 

人気記事ランキング