野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 頼もしく個性豊かな大砲揃い、パリーグCSを戦う「ラテン系」の選手たち

頼もしく個性豊かな大砲揃い、パリーグCSを戦う「ラテン系」の選手たち

今季も多くのラテン系の選手が日本球界に在籍し、チームの主力として躍動した。特にパ・リーグのAクラスを見ると、ラテン系の選手の活躍がめざましい。

ソフトバンクのアルフレッド・デスパイネ【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのアルフレッド・デスパイネ【写真:藤浦一都】

楽天、西武にはホームラン打者が揃う

 今季も多くのラテン系の選手が日本球界に在籍し、チームの主力として躍動した。特にパ・リーグのAクラスを見ると、ラテン系の選手の活躍がめざましい。今回は、10月14日から始まる「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」に出場する可能性が高いラテン系の選手たちを、改めて紹介しておきたい。

【楽天】
○ペゲーロ選手(ドミニカ共和国)
今季成績:120試合463打数130安打26本塁打75打点 打率.281
 昨年7月に来日して楽天の一員となったペゲーロ選手は、51試合の出場ながら打率.279、10本塁打という活躍で存在感を発揮。今季は開幕から「恐怖の2番打者」として対戦相手の脅威となり、シーズン中盤まで首位を快走したチームの象徴的な存在となった。

 故障から復帰した後は、チーム事情に応じて中軸を任せられる機会も増えたが、全力疾走で内野安打をもぎ取る意識の高さは健在。自身の調子も決して万全ではなかったが、チームが大不振に陥った8月も、月間打率.276をマークして気を吐いた。チームは未だにその不調から完全には脱け出せていない。クライマックスシリーズの行方を占うにあたり、ペゲーロ選手の状態の良し悪しが鍵を握ると言っても過言ではないだろう。

○ジャフェット・アマダー選手(メキシコ)
今季成績:121試合417打数99安打23本塁打65打点 打率.237
 日本球界最重量となる135キロという巨体を誇るアマダー選手。来日初年度の昨年は故障に悩まされて39試合の出場に終わるも、138打席で9本塁打を放つ活躍で、期待に違わぬ長打力を見せ付けた。

 今季序盤は不振に苦しんだが、7月に入ってからは持ち前のパワーを徐々に発揮。7月から9月の3か月だけで16本のアーチを描き、幾度となくチームの勝利に貢献した。自身初となる日本球界のポストシーズンでも、チームを勝利に導く豪打を披露してくれるだろうか。

【埼玉西武】
○エルネスト・メヒア選手(ベネズエラ)
今季成績:113試合345打数83安打19本塁打53打点 打率.241
 2014年のシーズン途中に埼玉西武の一員となったメヒア選手は、34本塁打を放ってチームメイトの中村選手とともに本塁打王のタイトルを獲得。シーズン途中入団の選手が本塁打王のタイトルを獲得したのは、日本プロ野球史上初の快挙だった。

 今季の5月4日には日本球界通算100号となる節目のアーチを描いたが、来日後初となる登録抹消と、20本塁打の大台を下回る19本塁打に終わってしまう苦しいシーズンに。それでも代打でその名が告げられれば、球場のファンが湧く。切り札としての起用が見込まれるクライマックスシリーズで、その豪砲復活に期待したいところだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中