野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

川相昌弘を遥かに上回るペース ホークス今宮の犠打数、歴代1位到達はいつ?

今季、パ・リーグの最多犠打は今宮健太の「52」。2年ぶり4回目の最多犠打となった今宮は、当代最高のバントの名手だが、それだけでなくNPB史上でも特筆すべき存在だ。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

今季両リーグトップの52犠打を記録した今宮

 今季、パ・リーグの最多犠打は今宮健太の「52」。2年ぶり4回目の最多犠打となった今宮は、当代最高のバントの名手だが、それだけでなくNPB史上でも特筆すべき存在だ。

 2017年終了時点で今宮の犠打数は270。これは歴代13位で、1位の川相昌弘の533犠打にはまだ遠く及ばない。現役でも今宮の上にはDeNAの田中浩康、楽天の細川亨、中日の荒木雅博がいる。しかしその量産のペースは半端ではない。

 以下は250犠打以上の選手と1年当たりの犠打数。※は現役選手。

1位・川相昌弘 533犠打(23年、23.17)
2位・平野謙 451犠打(16年、28.19)
3位・宮本慎也 408犠打(19年、21.47)
4位・伊東勤 305犠打(21年、14.52)
5位・田中浩康 301犠打(13年、23.15)※
6位・新井宏昌 300犠打(18年、16.67)
7位・細川亨 294犠打(16年、18.38)※
8位・金子誠 292犠打(20年、14.6)
9位・石井琢朗 289犠打(24年、12.04)
10位・荒木雅博 283犠打(21年、13.48)※
11位・正田耕三 282犠打(14年、20.14)
12位・水口栄二 279犠打(17年、16.41)
13位・今宮健太 270犠打(7年、38.57)※
14位・小坂誠 267犠打(14年、19.07)
15位・大島公一 265犠打(13年、20.38)
16位・吉田義男 264犠打(17年、15.53)
16位・東出輝裕 264犠打(14年、18.86)
18位・平野恵一 256犠打(14年、18.29)
19位・谷繁元信 252犠打(27年、9.33)

人気記事ランキング