野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大6回4安打2失点でリード許して降板、強烈ライナーを直撃も力投

田中将大6回4安打2失点でリード許して降板、強烈ライナーを直撃も力投

ヤンキース田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地でのリーグ優勝決定シリーズ第1戦アストロズ戦に先発。強烈なライナーが体に直撃するアクシデントもあったが、6回を4安打3奪三振1四球2失点(自責2)と力投した。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

4回にコレアとグリエルに適時打を許す

 ヤンキース田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地でのリーグ優勝決定シリーズ第1戦アストロズ戦に先発。強烈なライナーが体に直撃するアクシデントもあったが、6回を4安打3奪三振1四球2失点(自責2)と力投した。打線はアストロズ先発カイケルを打ちあぐね、出塁するも得点できず。田中は2点リードを許した状況でマウンドを下りた。

 初回、先頭のスプリンガーにいきなり四球を与えたが、続くレディックを二ゴロ、アルトゥーベを中飛、コレア遊ゴロとし、無失点で切り抜けた。2回と3回は連続で3者凡退に仕留めた。

 4回1死からアルトゥーベに、この日初ヒットとなる二塁内野安打を許し、二盗された直後にコレアの左適時打で1点を先制された。2死二塁からも元DeNAグリエルに中前に適時打を運ばれ、2点目を失った。

 5回も3者凡退。6回は先頭レディックの強烈なライナーが田中の体を直撃するアクシデントが発生したが、転がるボールを拾って一塁に送球してレディックはアウト。監督やトレーナーが慌ててベンチを飛び出すも、投球練習後にそのまま続投。アルトゥーベに左前打を許したが、後続を抑えて無失点とした。

 打線は、アストロズ先発カイケルの前に苦戦。初回1死からジャッジが四球を選んで出塁も、その後は7者連続凡退とされた。3回、4回、5回と走者を出したが、得点に結びつけられなかった。

 田中は6回を投げ終え、89球(58ストライク)で降板。逆転を願いながら、7回からマウンドを救援に託した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング