野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • ジラルディ監督、敗戦も田中将大を力投絶賛「持てる物全てを出してくれた」

ジラルディ監督、敗戦も田中将大を力投絶賛「持てる物全てを出してくれた」

4勝勝ち抜けのシリーズで黒星発進となったが、ジラルディ監督は「本当にまた力強い投球だった。本当にいい内容だった」と称賛を惜しまなかった。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

“天敵”アストロズに6回安打2失点と粘投

 ヤンキースは13日(日本時間14日)、敵地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦に1-2で敗れた。先発マウンドに上がった田中将大投手は、これまで4度対戦しながら勝ち星のない“天敵”アストロズを相手に6回4安打2失点(自責2)と力投。だが、打線は相手先発カイケルに7回無失点と抑え込まれ、9回にバードがソロ弾で1点を返しただけに留まった。4勝勝ち抜けのシリーズで黒星発進となったが、ジラルディ監督は「本当にまた力強い投球だった。本当にいい内容だった」と称賛を惜しまなかった。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 田中は初回先頭のスプリンガーに四球を与えたが、4回1死からアルトゥーベに二塁内野安打を許すまで、10者連続凡退とした。アルトゥーベに二盗を許した直後、コレアにレフトへ適時打を運ばれて1失点。なおも2死二塁からグリエルに中前へ適時打を運ばれ、2点目を失った。

 だが、その後は強打のアストロズ打線に付け入る隙を与えず。ジラルディ監督は「本当にまた力強い投球だった。本当にいい内容だった」と絶賛した。6回にレディックの強烈なライナーを足に受けたが続投し、6回を89球で投げ終えたところで降板。指揮官は「あれが降板理由ではない。持てる物を全てを出してくれたと思ったので交代させた。代え時だと思った」と説明した。

 田中は中4日のローテーション通りにいけば、19日(同20日)の第5戦に先発できる。今季は好不調の波が激しかった右腕だが、プレーオフでは2試合連続で好投。崖っぷちに立たされた地区シリーズ第3戦では、田中の快投からチームは息を吹き返した。今シリーズでも勝負を第5戦まで持ち込ませ、逆転勝利につなげたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」