野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大が走者置いた場面の投球を反省「もう少し厳しくいけたらよかった」

田中将大が走者置いた場面の投球を反省「もう少し厳しくいけたらよかった」

13日(日本時間14日)に敵地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発したヤンキース田中将大投手。6回を投げて4安打2失点(自責2)と力投したが、相手先発カイケルがそれを上回る7回無失点の快投を披露し、チームは1-2で敗れた。試合後ジラルディ監督は日本人右腕の力投を褒めたが、田中は「もう少し厳しくいけたらよかった」と反省を口にした。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

敵先発カイケル快投は気にせず「自分がいいボール投げる方が大事」

 13日(日本時間14日)に敵地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦に先発したヤンキース田中将大投手。6回を投げて4安打2失点(自責2)と力投したが、相手先発カイケルがそれを上回る7回無失点の快投を披露し、チームは1-2で敗れた。試合後ジラルディ監督は日本人右腕の力投を褒めたが、田中は「もう少し厳しくいけたらよかった」と反省を口にした。

 この日、田中はまず初回先頭スプリンガーに四球を与えたが、後続3人をきっちり打ち取った。だが、4回に1死からアルトゥーベに二塁内野安打を許す。二盗で1死二塁となったところで、コレアにカウント2-1から4球目やや高めに入った外角スライダーを左翼へ運ばれ、1点を失った。なおも2死二塁で元DeNAのグリエルに1ストライクから2球目ツーシームを中前タイムリーとされ、2点目を献上した。

 試合後、地元メディアの取材に応じた田中は、この日のパフォーマンスを「悪くはなかった」と振り返ると同時に「ランナーを出してからの精度というところで、もう少し厳しくいけたらよかった」と反省した。

 相手先発のカイケルは7回を投げて4安打10奪三振無失点の快投で、ヤンキース打線を封じた。敵エースのパフォーマンスを意識したか質問された田中は「全然なかったです。相手どうこうより、自分がいいボール投げる方が大事だと思う。相手は関係なしに、自分のやることに集中していました」と言い切った。

 この日はチームを勝利に導けなかったが、シーズン最終戦から好調を維持。中4日のローテ通りならば、次回先発は19日(同20日)第5戦が有力と見られる。次回はチームを白星に、そしてリーグ優勝に導く投球を見せつけたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング