野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS初采配で初勝利の西武辻監督、決死の初戦「雄星で絶対に落とせなかった」

西武が、クライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ突破に王手をかけた。14日、本拠地メットライフドームで行われた楽天との初戦。先発したエース菊池が楽天打線を完封すれば、打線も10得点を奪っての圧勝に、試合後、辻発彦監督は「口では3試合あると言っていたけど、ウチとしては雄星で絶対に落とせなかった」と、決死の初戦だったことを明かした。

志願のエースを9回続投、10得点と打線爆発で勝ち抜けに王手

 西武が、クライマックスシリーズ(CS)・ファーストステージ突破に王手をかけた。14日、本拠地メットライフドームで行われた楽天との初戦。先発したエース菊池が楽天打線を完封すれば、打線も10得点を奪っての圧勝に、試合後、辻発彦監督は「口では3試合あると言っていたけど、ウチとしては雄星で絶対に落とせなかった」と、決死の初戦だったことを明かした。

【PR】「DAZN」なら西武戦が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 今季、レギュラーシーズンで対楽天8戦8勝だった菊池は、この日も楽天打線を手玉に取った。ピンチらしいピンチは4回2死満塁となった場面くらい。9回を5安打9奪三振で完封勝利を収めた。見事な投球を見せた左腕について指揮官は「彼のいい時の状態に比べれば、不安だった。何点か聞いたら『80点』と言っていました。交代も頭にありましたけど、(菊池が)『行かせて下さい』というので行かせました」と、9回続投の場面を振り返った。

 打線も、楽天のエース則本から3回までに7点を奪う猛攻を見せた。初回にキャプテン浅村が2ランを放って先制すると、3回に打者一巡の猛攻で一挙に5得点。敵エースを4回でマウンドから引きずり下ろした。辻監督は活発だった打線については「練習の時からバッティングは上向いてきていて楽しみに思っていた。源田がデッドボールで出塁して、浅村のホームランで勢いづいた。2点ならまだ、というところで、3回に5点取れた」と、2点で終わらず畳みかけた打線にうなずいた。

 指揮官自身も、クライマックスシリーズは初采配。「緊張感はありまし

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬