野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

戦力外を通告されたG内野手が決断…各球団発表、10月14日の選手去就 

第1次戦力外通告期間が13日に終了したプロ野球。翌14日にクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが開幕する中、選手の去就に新たな動きが出ている。 

巨人・藤村が引退を表明 

 第1次戦力外通告期間が13日に終了したプロ野球。翌14日にクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが開幕する中、選手の去就に新たな動きが出ている。 

「見たことがない球が来る」 404発スラッガー中村紀洋氏が語る世界との闘い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日は巨人が藤村大介選手の現役引退表明を発表。巨人一筋10年で歩んだ現役生活に幕を下ろすことになった。 

 1軍デビューを果たした2011年にいきなり盗塁王に輝いた藤村だが、その後、出番は徐々に減少し、今季は1軍出場なしで終了。今月7日に球団から来季契約を結ばないことを通達されていた。 

 藤村は2007年の高校生ドラフト1位で巨人に入団。以降、プロ通算294試合に出場し、689打数156安打、打率.226、0本塁打、27打点、49盗塁だった。 

 この日の発表は以下の通り。 

セ・リーグ 

【巨人】 
藤村大介内野手 現役引退 

パ・リーグ 

なし

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング