野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

史上最強ホークス守備力をデータで解析、三遊間はリーグトップ、外野は鉄壁

2017年のパ・リーグは、ソフトバンクが大差をつけてペナントレースを制した。特に、後半は楽天が失速したこともあり、圧勝だった。リーグ随一の打撃が強さの背景にあったが、守備力が抜群だったことも忘れてはならない。 

ソフトバンク・今宮【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・今宮【写真:荒川祐史】

NPBチーム守備率トップ10のうち8チームがリーグ優勝 

 2017年のパ・リーグは、ソフトバンクが大差をつけてペナントレースを制した。特に、後半は楽天が失速したこともあり、圧勝だった。リーグ随一の打撃が強さの背景にあったが、守備力が抜群だったことも忘れてはならない。 

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継&ソフトバンク戦見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

○2017年パ・リーグのチーム守備成績 

ソフトバンク .993(守備機会5281失策38) 
楽天 .986(守備機会5320失策74) 
オリックス .986(守備機会5399失策78) 
西武 .98400(守備機会5503失策88) 
日本ハム .98395(守備機会5359失策86) 
ロッテ .98364(守備機会5439失策89) 

 ソフトバンクは、守備率.993で他球団を大きく引き離して1位。143試合で38失策は、3.8試合に1個しかエラーがなかったということだ。失策は、失点、敗戦に結びつきやすい。ソフトバンクの失策が他球団よりも大幅に少なかったということは、それだけ敗戦のリスクが小さかったということだ。 

 この守備率.993と、シーズン失策数38は、NPB記録だ。 

○NPBのチーム守備率10傑(当該年のシーズン順位) 

2017年 ソフトバンク .993(守備機会5281失策38)1位 
1991年 西武 .992(守備機会4835失策38)1位 
2004年 中日 .9913(守備機会5141失策45)1位 
2000年 ヤクルト .9911(守備機会5098失策46)4位 
2005年 ヤクルト .99065(守備機会5407失策51)4位 
2011年 ソフトバンク .99048(守備機会5305失策51)1位 
1990年 巨人 .99032(守備機会4909失策48)1位 
2005年 ロッテ .99030(守備機会5208失策51)1位 
2007年 巨人 .99026(守備機会5490失策54)1位 
1993年 西武 .98996(守備機会4928失策50)1位 

 80年以上の歴史の中で、今年のソフトバンクは最も守備力があるチームということになる。38失策も、1991年の西武と並ぶ最少タイだ。 

 10傑のうち、2000年と2005年のヤクルトを除く8チームはリーグ優勝している。守備率が高いこととチームの強さには、一定の相関関係があるのだ。 

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」