野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • リプレー検証で判定覆りドジャース追加点、激怒のカブスのマドン監督退場

リプレー検証で判定覆りドジャース追加点、激怒のカブスのマドン監督退場

カブスのマドン監督が14日(日本時間15日)、敵地で行われたドジャースとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦で退場処分を喰らった。

カブスのジョー・マドン監督【写真:Getty Images】
カブスのジョー・マドン監督【写真:Getty Images】

本塁クロスプレー、一度はアウト判定も覆る

 カブスのマドン監督が14日(日本時間15日)、敵地で行われたドジャースとのリーグ優勝決定シリーズ第1戦で退場処分を喰らった。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ドジャースが2点リードで迎えた7回1死一、二塁の場面。ドジャースの主軸ターナーが左翼へヒットを運ぶと、二塁走者だったカルバーソンが一気に本塁へ突入した。返球を受けたカブス捕手コントレラスがタッチするのと、カルバーソンが本塁へ滑り込むんだのが、ほぼ同時のクロスプレーに。球審はアウトと判定したが、ドジャース側がチャレンジを要求し、リプレー検証へ持ち込まれた。

 すると、リプレー検証の結果、判定は覆ってセーフとなった。この瞬間、カブスベンチから怒り心頭のマドン監督が飛び出し、審判団に猛抗議。大きなジェスチャーでまくし立て、二塁塁審から退場を言い渡された。

 普段は激高することなく、知的なイメージの強いマドン監督が、珍しく我を忘れる猛抗議を見せた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」