野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス武田、紅白戦で4回無失点「まっすぐはいい感じになっている」

15日、ソフトバンクの紅白戦で先発した武田翔太は、内川聖一や松田宣浩を有する白組を相手に4回無失点。被安打3 、奪三振2、四球2という内容に「まっすぐはいい感じになってきた」と手応えを口にした。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

試合後もブルペンでカーブの投げ込み

 15日、ソフトバンクの紅白戦で先発した武田翔太は、内川聖一や松田宣浩を有する白組を相手に4回無失点。被安打3、奪三振2、四球2という内容に「まっすぐはいい感じになってきた」と手応えを口にした。

 CSファイナル5戦目の先発候補に挙げられている武田が、主力を相手に結果を残した。4回を投げて無失点。ヒットを許した相手は今宮健太、塚田正義、中村晃の3人でいずれもシングルヒットだ。

「まっすぐはいい感じになっている。生命線はまっすぐなので、そこを一番上げないといけない。まっすぐが良くなれば、自然に速球系のスライダーやカットボールの球質も変わってくる。あとはカーブなどの別の変化球の調整をしっかりやりたい。今日もカウントを悪くする場面が多かった」

 試合後もカーブだけを15球から20球程度投げ込んだという。「まずは腕を振るところから。カーブはカーブの腕の振りがあるので、しっかり腕を振って投げられるように。まっすぐの感じはいいし球質もよくなってきているので、本当の微調整程度で済みそう。ただ、カーブについてはもうちょっとですね」と、CSでの登板に向けてさらなる調整を続けていく。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング