野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天ウィーラーが激走で追加点奪取 相手暴投で二塁から一気に生還

雌雄を決する運命の一戦は、意外な形で楽天に追加点が入った。16日、敵地メットライフドームで行われた西武とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。初回に1点を先制していた楽天が4回に点を加えた。

相手のバッテリーミスを逃さず2点目を奪う

 雌雄を決する運命の一戦は、意外な形で楽天に追加点が入った。16日、敵地メットライフドームで行われた西武とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。初回に1点を先制していた楽天が4回に点を加えた。

 この回先頭のウィーラーが中前安打を放って出塁すると、岡島が三塁前へ犠打をきっちりと決めて、二塁へと進む。打席には枡田。カウント1ボール1ストライクからの3球目だった。

 西武先発・野上が引っ掛けたようになったボールは炭谷の下を抜け、さらに大きく弾んで三塁ファールゾーンへと転がっていった。炭谷がボールの行方を見失っている間に、二塁走者のウィーラーは激走。三塁を蹴って一気に本塁へと突入して生還し、楽天にとってはラッキーな形で2点目を掴んだ。

 さらに枡田が左越えの二塁打を放ち、嶋の右飛で三塁へと進むと、西武ベンチは野上を諦め、継投を決断。茂木に対して野田を送り、左腕は三邪飛に打ち取って、さらなる追加点は防いだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング