野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、秋山のスーパープレー直後に反撃 炭谷の右犠飛で1点差に迫る

西武が反撃に出た。16日、本拠地メットライフドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。2点ビハインドの5回、楽天先発の美馬を捉え、反撃を開始した。

同点のチャンスでは秋山が高梨の前に三振

 西武が反撃に出た。16日、本拠地メットライフドームで行われた楽天とのクライマックスシリーズ・ファーストステージ第3戦。2点ビハインドの5回、楽天先発の美馬を捉え、反撃を開始した。

 5回の守備で一塁・山川がハーフバウンド送球を逆シングルでキャッチし、中堅・秋山が右中間深くへの大飛球を好捕するスーパープレー。守備で出来たいい流れを攻撃へと繋げた。

 先頭の栗山、続く中村が中前へと連打を放つと、ここで辻発彦監督が早々と動く。栗山に代えて、代走・金子侑を投入。外崎は投前への犠打。やや当たりが強くなったものの、金子侑の足が生き、バントが決まった。炭谷が右翼に犠飛を放って1点を返し1点差に迫った。

 楽天はここで好投していた先発の美馬から、高梨へとスイッチ。左キラーの左腕は、秋山を空振り三振に切り、同点のピンチを脱した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング