野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

エースKO劇から逆転突破 全員で勝利掴んだ楽天、福岡で王者ソフトBに挑む

全員でつかんだ勝利だった。楽天が埼玉西武を5-2で下し、「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ突破を決めた。18日から福岡で、リーグ覇者の福岡ソフトバンクとファイナルステージを戦う。

ウィーラーの活躍で勝利「個人個人が持つ仕事をやっていれば、勝利はついてくる」

 全員でつかんだ勝利だった。楽天が埼玉西武を5-2で下し、「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ突破を決めた。18日から福岡で、リーグ覇者の福岡ソフトバンクとファイナルステージを戦う。

 振り抜いた直後に確信を得たのか、ベンチに握り拳を見せながら走り出した。ウィーラーが1点リードの8回2死からソロ本塁打。「今日は寒かったので手の感触がなかったけど、ホームランになってよかった」とおどけながら振り返った一発。直前2試合は無安打と沈黙していた男。だがシーズン31発のパワーを、ここぞの場面で見せつけた。

 この日は初回2死満塁から、遊撃内野安打で先制点をたたき出し、4回には中前打。さらにその後1死二塁から相手の暴投で炭谷がボールを見失った間に一気に本塁まで生還。そして本塁打と3得点に絡む働きだった。

 エース則本のKO劇というまさかの展開で終えた初戦。10失点し、得点も0という苦しい状況から、這い上がった。流れを変えたのは、埼玉西武から今季、楽天へ新加入した岸。15日に先発し、7回途中無失点と相手を封じ込めた。打線も、15日には嶋のスクイズで得点をもぎ取り、この日もチームで4犠打と得点への執念が実った。

 また、新人の高梨は3連投。15日、16日と厳しい場面を空振り三振に切り、福山も2日連続でイニングまたぎで仕事をした。「プレーオフで数字は関係ない。個人個人が持つ仕事をやっていれば、勝利はついてくる」とウィーラーはナインを代表して語った。

 対する埼玉西武は本拠地の大声援を味方につけたものの、ここで終戦。CSのファーストステージ、初戦に勝利したチームでパ・リーグでは初めて、ファイナルの切符を逃した。この日は初回の秋山の右中間への三塁打をはじめ、5、6、7回と先頭打者を塁に出したが、なかなか得点につながらず、15日、16日の2試合で適時打はゼロと、10得点をもぎ取った初戦からまさかの沈黙となった。

 悔しい敗退だが、新4番に成長した山川、新人王の有力候補・源田、レギュラーに定着した外崎など若手が躍進し、シーズン13連勝も記録。エース菊池は16勝と安定感抜群の1年だった。秋山、浅村、中村ら実績のある選手たちに、森らを加えた若手も融合し、来季に期待が持てるシーズンであったと言えるだろう。

 3位からの下剋上という“第一関門”を突破した楽天。気を休めることなく、1日空けてすぐにファイナルステージが始まる。今季94勝49敗という抜群の成績で優勝した福岡ソフトバンクは、リーグ優勝の恩恵ですでに1勝のアドバンテージもある。厳しい戦いとなるのは必至だが、楽天はこの勢いそのままに迎えることを味方につけたい。快進撃の前半戦を首位で折り返すも、夏場の大失速で終えたリーグ戦。悔しさをぶつけるためにも、福岡ソフトバンクの待つ福岡へ乗り込む。

人気記事ランキング