野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュで3連勝&WS進出王手へ ド軍監督「信頼は大幅に増している」

ドジャースのロバーツ監督は16日(日本時間17日)、カブスとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦の舞台となるシカゴに移動する前に電話取材に応じ、第3戦の先発マウンドに上がるダルビッシュ有投手に対する大きな信頼を口にした。 

ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
ドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

18日第3戦へ先発のダル、ロバーツ監督が大きな信頼「必要な時にストライク取れる」

 ドジャースのロバーツ監督は16日(日本時間17日)、カブスとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦の舞台となるシカゴに移動する前に電話取材に応じ、第3戦の先発マウンドに上がるダルビッシュ有投手に対する大きな信頼を口にした。 

 1988年以来のリーグ優勝を狙うドジャースは、昨季ワールドシリーズ覇者のカブスを相手に、本拠地で2連勝を飾った。勢いに乗って迎える17日(同18日)第3戦は、舞台を敵地シカゴに移しての戦いとなる。この試合で先発を務めるダルビッシュは、地区シリーズも2連勝で迎えた第3戦で好投し、チームを3連勝でのシリーズ突破に導いた。 

 7月31日のトレード期限当日にレンジャースから移籍してきたダルビッシュは、当初は調子の波が大きく安定しなかった。だが、ハニカット投手コーチ指導の下、投球フォームのマイナー修正に着手。9月13日ジャイアンツ戦で7回3安打無失点と快投すると、その後は積極的にストライクゾーンを攻め、打者を寄せ付けないパフォーマンスを披露している。 

 短期間で大きな変化を見せた日本人右腕について「8月、9月、現在とユウに対する信頼はどう変化したか?」と質問されたロバーツ監督は「大幅に増している」と断言。「彼が自分自身、そして必要な時にストライクが取れる能力に自信を深めたことに端を発していると思う」と説明した。 

 トレード移籍してきた当初のダルビッシュは「フォームにズレが生じていた」が、今では「シンプルになり、同じフォームを繰り返せるようになった」と分析。そのため、自信を持ってストライクゾーンに投げ込めるようになり、投手有利の勝負が展開できるようになった。 

 第3戦は舞台が敵地に移ることもあり、相手を勢い付かせないためにも勝利しておきたい試合だ。3連勝でリーグ優勝へ一気に王手を掛けられるか。指揮官は全幅の信頼を置いて、ダルビッシュをマウンドに送り込む。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング