野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

CS苦手なホークス、勝利の鍵握るのは内川、川崎、和田、五十嵐らベテラン勢?

パ・リーグのCSファーストステージを勝ち抜いたのは、3位の楽天だった。16日の第3戦は、主軸のウィーラーが活躍し、救援投手の奮闘もあって、楽天が勢いのある勝ち方をした。18日からのファイナルステージはソフトバンクとの対戦になる。

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

過去プレーオフで24勝27敗のホークス

 パ・リーグのCSファーストステージを勝ち抜いたのは、3位の楽天だった。16日の第3戦は、主軸のウィーラーが活躍し、救援投手の奮闘もあって、楽天が勢いのある勝ち方をした。18日からのファイナルステージはソフトバンクとの対戦になる。

 2004年のプレーオフ時代から通算で、ソフトバンクはCSを51試合戦っている。これは43試合の日本ハムを抑えて1位。しかしながら勝敗は24勝27敗と負け越している。CSではソフトバンクは無敵とは言えないのだ。

 CSの勝敗の内訳を見てみよう。

ファーストステージ 7勝6敗
ファイナルステージ 17勝21敗

 ファイナルステージで負け越しているのだ。このうち、勝率1位でファーストステージの勝利者と対戦する「待ち受け」パターンは、15勝13敗だ。

2004年2勝3敗 西武に敗退(ダイエー時代)
2005年2勝3敗 ロッテに敗退
2010年2勝4敗 ロッテに敗退(アドバンテージ1勝)
2011年3勝0敗 西武に勝利(アドバンテージ1勝)
2014年3勝3敗 日本ハムに勝利(アドバンテージ1勝)
2015年3勝0敗 ロッテに勝利(アドバンテージ1勝)

 CSの前身であるプレーオフができてから2年、ソフトバンク(2004年はダイエー)は、2年連続で勝率1位になりながら、日本シリーズに進出できなかった。

人気記事ランキング