野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

鷹・東浜&楽天・塩見が投げ合うパCSファイナルS第1戦 両球団のキーマンは?

14日から行われた埼玉西武と楽天のファーストステージは、初戦に大敗して崖っぷちに追い込まれた楽天が、劇的な連勝で埼玉西武を下し、福岡ソフトバンクへの挑戦権を手にした。

楽天・梨田監督(左)、ソフトバンク・工藤監督(右)【写真:荒川祐史】
楽天・梨田監督(左)、ソフトバンク・工藤監督(右)【写真:荒川祐史】

18日に開幕するパCSファイナルステージ、勝つのはホークスか楽天か―

 18日から幕を開ける「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ(CS)パ」ファイナルステージ。14日から行われた埼玉西武と楽天のファーストステージは、初戦に大敗して崖っぷちに追い込まれた楽天が、劇的な連勝で埼玉西武を下し、福岡ソフトバンクへの挑戦権を手にした。

 ここでは18日の予告先発や両チームの対戦成績などをもとに、福岡ソフトバンクと楽天が激突するファイナルステージ初戦の試合展開を占う。

【過去5年の公式戦対戦成績】 
2013年福岡ソフトバンク:12勝 楽天:12勝
2014年福岡ソフトバンク:12勝 楽天:12勝
2015年福岡ソフトバンク:16勝 楽天:8勝1分
2016年福岡ソフトバンク:16勝 楽天:8勝1分
2017年福岡ソフトバンク:13勝 楽天:12勝

 2015年からの2年間は福岡ソフトバンクが8つの勝ち越しを果たすも、その他の年は五分。今季は福岡ソフトバンクが1つ勝ち越しているが、楽天以外のパ・リーグの4球団は全て、福岡ソフトバンクに7つ以上負け越している。楽天は史上最速でパ・リーグを制した福岡ソフトバンクと、唯一互角に渡り合ったチームだと言える。

【今季レギュラーシーズンの対戦成績詳細】
〇福岡ソフトバンク
25試合13勝12敗 80得点 91失点 打率.232 防御率3.35
ヤフオクドーム楽天戦
13試合6勝7敗 打率.202 防御率3.67

〇楽天
25試合12勝13敗 91得点 80失点 打率.221 防御率2.98
ヤフオクドーム福岡ソフトバンク線
13試合7勝6敗 打率.229 防御率1.95

 ホームで52勝20敗と圧倒的な強さを誇った福岡ソフトバンクだが、ヤフオクドームでは楽天が勝ち越し。楽天投手陣の防御率1.95は恐るべき数字である。しかしそれだけの成績を残しながら、勝ち越しはわずか1つ。シーズンの首位攻防戦で楽天は、福岡ソフトバンクとの投手戦にことごとく敗れている。楽天野手陣の奮起と福岡ソフトバンク投手陣の調子の良し悪しが、ファイナルステージの勝敗を左右するだろう。

人気記事ランキング