野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

打者ダルビッシュの“気迫”四球が米で話題 40年ぶり珍事は「全員に衝撃」

17日(日本時間18日)に行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦で好投し、自身ポストシーズン(PS)2勝目を挙げたドジャースのダルビッシュ有投手。6回1/3を6安打7奪三振1四球1失点(自責1)と快投する一方、打席で見せた気迫が現地で話題を呼んだ。6回2死満塁のチャンスで押し出し四球を選び、打点を記録。この場面についてMLB公式サイトや米メディアが「ユウ・ダルビッシュが全員にショックを与えた」、「ボスのようにバットを投げる」と特集した。

6回2死満塁のチャンスで押し出し四球を選んだドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
6回2死満塁のチャンスで押し出し四球を選んだドジャース・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

7回途中1失点の快投でPS2勝目を挙げたダルビッシュ、押し出し四球も話題に

 17日(日本時間18日)に行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第3戦で好投し、自身ポストシーズン(PS)2勝目を挙げたドジャースのダルビッシュ有投手。6回1/3を6安打7奪三振1四球1失点(自責1)と快投する一方、打席で見せた気迫が現地で話題を呼んだ。6回2死満塁のチャンスで押し出し四球を選び、打点を記録。この場面についてMLB公式サイトや米メディアが「ユウ・ダルビッシュが全員にショックを与えた」、「ボスのようにバットを投げる」と特集した。

劇的白星発進の侍ジャパン、岩村明憲氏が絶賛する「黒星消した上林の一振り」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日の初回にシュワーバーに先制弾を被弾したが、2回以降を無失点に封じたダルビッシュ。6-1で勝利したドジャースはカブスに3連勝、ポストシーズン無傷の6連勝で1988年以来となるワールドシリーズ(WS)進出に王手をかけた。

 圧巻のピッチングで昨季ワールドシリーズ王者を圧倒したダルビッシュにとって、もう一つの見せ場は3-1と2点リードで迎えた6回2死満塁の場面だった。ダグアウトでバットを持った右腕はデーブ・ロバーツ監督と会話を交わした。

「監督はホントのギリギリまで代打を出すか迷っていた。最後、行けと言われて、特にこうしろとはなかった。95、6(マイル)のカットする特殊な球を僕が打てるわけがない。フォアボールかデッドボールか何か起きたらいいなと思って打席に立っていた」

 試合後の会見でこう振り返ったダルビッシュは打席に立つと、マウンド上のエドワーズを揺さぶるようにバントの構えを繰り返した。結果、ストレートのフォアボールに。気迫で押し出し四球をもぎ取ったダルビッシュは歓喜を全身で表現し、右手でガッツポーズ。そして、シャウトするとバットを放り投げた。

人気記事ランキング