野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • アストロズ左腕カイケルが5回途中KO降板、“お得意様”ヤンキースに4失点

アストロズ左腕カイケルが5回途中KO降板、“お得意様”ヤンキースに4失点

アストロズのエース左腕カイケルが、まさかの5回途中KO降板となった。

アストロズ戦先発のヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
アストロズ戦先発のヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

味方打線は好投する田中を打てず援護ゼロ

 アストロズのエース左腕カイケルが、まさかの5回途中KO降板となった。18日(日本時間19日)に敵地で行われたヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に先発。これまで得意としてきたヤンキース打線に打ち込まれた。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 第1戦に続き、ヤンキース田中将大投手と投げ合ったこの日。2回に2連打で1点を先制されると、3回にはジャッジの左翼線二塁打で2点目を許した。4回は3者凡退としたが、5回に1死からヘッドリーを三塁内野安打と味方失策で二塁まで進めると、2死一、二塁からサンチェスに左翼へタイムリーを運ばれて1失点。なおも2死一、三塁からグレゴリアスの打球が二塁脇を抜けてセンターへ転がり、この間に4点目が加わった。

 ここでたまらずアストロズのヒンチ監督が登場し、投手交代。カイケルは4回2/3を7安打1四球8奪三振4失点(自責4)で無念のKO降板となった。

 カイケルは今シリーズ初戦で7回無失点に抑えていたように、今季ヤンキース戦では2戦に投げ、2勝無敗、無失点と“お得意様”としていた。打線は好投する田中の前に沈黙し、珍しく苦しむエース左腕を援護できなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」