野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、WS王手に導く気迫の快投「率直に今日は自分を褒めてあげたい」

田中将大、WS王手に導く気迫の快投「率直に今日は自分を褒めてあげたい」

ヤンキースタジアムの大観衆からスタンディングオベーションを浴びた右腕は試合後の記者会見で「率直に今日は自分を褒めてあげたいと思います」と満足げに話した。

アストロズ戦で無失点の好投をみせたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
アストロズ戦で無失点の好投をみせたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

“天敵”相手に7回零封、2連敗後の3連勝でWS進出に王手「敵地で1つ勝って、次のステージへ」

 ヤンキース田中将大投手は18日(日本時間19日)、本拠地で行われたアストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦に先発し、7回3安打1四球8奪三振無失点と快投した。対戦成績2勝2敗のタイで迎えた大一番で勝利投手に。5-0で快勝したヤンキースは、敵地で2連敗後、本拠地3連勝でワールドシリーズ(WS)進出に王手をかけた。ヤンキースタジアムの大観衆からスタンディングオベーションを浴びた右腕は試合後の記者会見で「率直に今日は自分を褒めてあげたいと思います」と満足げに話した。

 田中は初回2死から味方失策でアルトゥーベに出塁を許すも、コレアを三ゴロ。2回は先頭グリエルに二塁打を浴びたが、後続を打ち取った。田中は3回も走者を出したが無失点。4回はコレア、グリエル、ブレグマンの中軸を3者凡退に仕留めた。5回は1死一、二塁と得点圏に走者を背負うと、スプリンガーは外角低めへの94マイル(約151キロ)速球で圧巻の見逃し三振。さらに、レディックをスプリットで空振り三振に仕留め、雄叫びを上げた。

 打線は2回のバードの先制打の後、ジャッジ、サンチェス、グレゴリアスのタイムリーで3点を追加し、左腕カイケルをKO。4点の援護をもらった田中は、6、7回を3者凡退に締めくくり、103球(68ストライク)で降板。2009年以来となるWS進出王手に導く快投劇に、地元ファンから喝采を浴びた。ヤンキースは7回にサンチェスのソロ弾で1点を加え、5-0で快勝した。

 試合後の記者会見で、大一番で結果を出したことについて「率直に今日は自分を褒めてあげたいと思います」と振り返った田中。さらに「でも、これで終わりではないので、どういった形になるか分かりませんけど、明日から準備していかなければいけないと思います」と続けた。

 また、テレビインタビューでは「ホームでいいゲームが続いてましたし、前回負けてたこともありますし、今日こういうゲームができて本当に良かったと思います」と淡々。第1戦では敵地で6回2失点と好投しながら敗戦投手となっていたが「全体的には前回よりも良かったと思いますし、このホームの声援の力も借りながら、いい投球ができたと思います」と話した。

“天敵“アストロズ相手の快投も「しっかりと自分の投球をするというところだけでした」と話した田中。8年ぶりワールドシリーズ進出へあと1勝となり「敵地に乗り込んで、1つ勝って、次のステージに進めるように頑張っていきたいと思います」と前を見据えていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング