野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 大舞台でこそ本領発揮、田中将大を指揮官も絶賛「またもスペシャルだった」

大舞台でこそ本領発揮、田中将大を指揮官も絶賛「またもスペシャルだった」

エースの大仕事でヤンキースはワールドシリーズ(WS)進出に王手。ジョー・ジラルディ監督は「彼はまたもやスペシャルだった」と脱帽している。

アストロズ戦で無失点の好投をみせたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
アストロズ戦で無失点の好投をみせたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7回零封の快投でWS進出王手に導く「彼はPOのどの試合もスペシャル」

 ヤンキース田中将大投手は18日(日本時間19日)のリーグ優勝決定シリーズ第5戦、本拠地アストロズ戦に先発。対戦成績2勝2敗のタイで迎えた大一番で、7回3安打1四球8奪三振無失点と快投し、5-0での勝利に導いた。エースの大仕事でヤンキースはワールドシリーズ(WS)進出に王手。ジョー・ジラルディ監督は「彼はまたもやスペシャルだった」と脱帽している。

劇的白星発進の侍ジャパン、岩村明憲氏が絶賛する「黒星消した上林の一振り」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 超満員のヤンキースタジアムを熱狂させる田中の無双ぶりだった。2-0のリードで迎えた4回、コレア、グリエル、ブレグマンの中軸を3者凡退に斬ってみせると、5回1死一、二塁のピンチでは、スプリンガーを外角の94マイル(約151キロ)速球で見逃し三振。さらに、レディックを89マイル(約143キロ)スプリットで空振り三振に仕留め、田中はマウンド上で渾身の雄叫びを上げた。

 7回を3者凡退で締めくくってマウンドを降りる際には、地元ファンからのスタンディングオベーションも鳴り止まず。豪打で知られるアストロズ打線を封じ、逆王手をかけた田中の力投にジラルディ監督は脱帽するしなかった。

 試合後の記者会見で「間違いなく偉大な試合だったが、タナカについてどう表現する?」と質問された指揮官は賛辞を惜しまなかった。

「彼はまたもやスペシャルだった。プレーオフの3試合を見れば、どの試合もスペシャルだ。彼は初登板(地区シリーズ第3戦)で1-0で勝ってくれた。ここ(ヤンキースタジアム)での先発2試合は本当に素晴らしい。そして、我々はこれを必要としていたんだ。これは我々にとって大きな試合だ。全ての試合が大一番だが、1試合ずつ勝っていくだけだ」

人気記事ランキング