野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス内川“4番の意地”弾も笑顔なし 第2戦に「つなげないといけない」

クライマックスシリーズ・ファイナルステージ初戦で、ソフトバンクの内川聖一外野手がソロ弾を含むマルチ安打を記録した。4番打者としての意地を見せたが、チームが敗れたため、笑顔を見せることなく球場を後にした。

ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・内川聖一【写真:藤浦一都】

悔やまれる最初の2打席「早くからつながるようにやらないと」

 クライマックスシリーズ・ファイナルステージ初戦で、ソフトバンクの内川聖一外野手がソロ弾を含むマルチ安打を記録した。4番打者としての意地を見せたが、チームが敗れたため、笑顔を見せることなく球場を後にした。

 この日の内川は、工藤公康監督が前日に明言したとおりに「4番・ファースト」で先発出場。第1打席は空振り三振、第2打席は三塁への併殺打、第3打席はライト前ヒット、そして最終打席がレフトスタンドへのソロ本塁打という4打数2安打1打点の成績だった。

 数字だけを見れば、4番に恥じない成績だったが、「打線は早くからつながるようにやらないといけない」と、自らの最初の2打席を含め、楽天の先発・塩見貴洋を攻略できずに終わった攻撃を悔やんだ。

 それでも、第3打席のヒットは、いかにも内川らしいセカンドの頭上をきれいに越える一打で、ソロ弾も敵守護神・松井裕樹から放つなど、内容のあるマルチ安打だ。

「個人的には結果が出たことはよかったが、これを明日以降につなげないといけない。CSではやらなくてはいけないという違いを感じさせてもらった」と、長丁場のシーズンとは違う、“短期決戦での4番としての責任”を改めて口にした。

 初戦で得た手応えを自信に変えて、第2戦こそ早い段階で先発・千賀滉大を援護する一打を放ちたい。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング