野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

試合開始直後から目が離せない 勝利を引き寄せる楽天茂木の先頭打者弾

10月18日のCSファイナルステージ第1戦で、楽天の茂木栄五郎はソフトバンクの先発・東浜巨から初回先頭打者ホームランを打った。茂木は10月15日のファーストステージ第2戦でも西武の十亀剣から初回先頭打者ホームランを記録。試合開始直後に、強烈な存在感をアピールしている。

楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】
楽天・茂木栄五郎【写真:荒川祐史】

CSファイナル第1戦で強烈な一発、ファーストステージ第2戦でも先頭打者弾

 10月18日のCSファイナルステージ第1戦で、楽天の茂木栄五郎はソフトバンクの先発・東浜巨から初回先頭打者ホームランを打った。茂木は10月15日のファーストステージ第2戦でも西武の十亀剣から初回先頭打者ホームランを記録。試合開始直後に、強烈な存在感をアピールしている。

 昨年、早稲田大からドラフト3位でプロ入りした茂木は、1年目から正遊撃手に抜擢され、117試合に出場したが、この年は主として6番打者として起用され、1番は10月に2試合だけ起用されたにとどまった。

 しかし、梨田監督は、2年目の今年、茂木を先頭打者に抜擢。故障で離脱した時期を除き、84試合で1番打者に起用した。茂木はこの起用に応え、リーグ3位の打率.296を記録するとともに本塁打数も7本から17本と大幅に増やした。

 この17本塁打のうち、茂木は6本を初回先頭打者として記録している。

4月9日 ロッテ戦(ZOZOマリン)表 ○
4月19日 西武戦(メットライフ)表 ●
5月21日 ロッテ戦(ZOZOマリン)表 ●(初球)
6月8日 DeNA戦(Koboパーク宮城)裏 ○(初球)
8月5日 ロッテ戦(Koboパーク宮城)裏 ○
8月9日 日本ハム戦(Koboパーク宮城)裏 ○(初球)

 今季のNPBでは初回先頭打者本塁打は29本出ているが、茂木の6本は最多。2位はDeNA・桑原将志、西武・秋山翔吾の4本だ。

 このうち茂木は初球を叩いたホームランが3本。これは2002年の西武・松井稼頭央にならぶパ・リーグ最多記録(NPB記録は2003年の阪神・今岡誠が記録した5本)。10月15日のCSファーストステージで打った一発も初球だった。

人気記事ランキング