野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • PS防御率0.90、“鉄壁”田中将大が好調の理由を自己分析 一番の要因は…

PS防御率0.90、“鉄壁”田中将大が好調の理由を自己分析 一番の要因は…

リーグ優勝決定シリーズ初戦こそ黒星を喫したが、ジラルディ監督も「スペシャル」と脱帽する活躍ぶり。苦手としていたアストロズ打線を封じ「今日は自分を褒めてあげたい」という納得の勝利を挙げた後、記者会見に臨んだ田中は、PS好調の要因について自己分析した。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

苦手アストロズを7回零封、リーグ優勝に王手の快投

 ヤンキース田中将大投手が18日(日本時間19日)、アストロズとのリーグ優勝決定シリーズ第5戦で、7回を3安打8奪三振無失点と快投し、チームを8年ぶりワールドシリーズ進出王手に導いた。この日に限らず、今季ポストシーズン(PS)では3戦で20イニングを投げ、わずか2失点、防御率は驚異の0.90だ。リーグ優勝決定シリーズ初戦こそ黒星を喫したが、ジラルディ監督も「スペシャル」と脱帽する活躍ぶり。苦手としていたアストロズ打線を封じ「今日は自分を褒めてあげたい」という納得の勝利を挙げた後、記者会見に臨んだ田中は、PS好調の要因について自己分析した。

「ポストシーズンやシーズン最終戦では、今まで見た中で最高のレベルまでギアを上げている」というジラルディ監督のコメントを伝え聞いた右腕は、大きくうなずきながら「自分のやらなければいけないことを明確にしているっていうことが一番だと思います」と、その要因を答えた。

「自分のやるべきこと」とは何か。それは1つずつアウトを重ねること、アウトを取るために手に持った1球を狙ったところに投げること、だ。難しく考え過ぎずに、投手としての役割に徹する。ポストシーズンでは「シンプルに考えて、そこに向かって、自分の持てる力をすべて出し切ること」が、しっかり遂行できている。

人気記事ランキング