野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

リーグ3位の楽天が2連勝で2勝1敗とリード 嶋がV打、辛島&救援陣が好投

リーグ3位ながらファイナルステージに進出した楽天が、2連勝を飾った。

楽天・嶋基宏【画像:(C)PLM】
楽天・嶋基宏【画像:(C)PLM】

息詰まる投手戦を制す、6回には宋家豪が好救援でピンチ脱出

 リーグ3位ながらファイナルステージに進出した楽天が、2連勝を飾った。19日、敵地ヤフオクドームで行われたリーグ王者ソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。初戦に勝利していた楽天は、息詰まる投手戦に2-1で勝利。ソフトバンクには1勝のアドバンテージがあるものの、これで2勝1敗とした。

 先制点は意外な形でもたらされた。初回1死一塁で銀次が、ソフトバンク先発の千賀から右前安打。右翼・川島がバウンドを合わせられず、ワンバウンドした打球が頭上を越えていった。痛恨の失策。打球がグラウンドを転がる間に、一塁走者の藤田が本塁へと生還し、初戦に続く先制点を奪った。

 同点とされて迎えた7回には、先頭の聖沢が三遊間のゴロを放つと、一塁へ執念のヘッドスライディングで内野安打に。岡島が犠打を決めて1死二塁となると、嶋が千賀の101球目を左中間へとはじき返し、適時二塁打に。勝ち越しに成功した。

 楽天・先発の辛島は、前日の塩見に続き、好投した。4回先頭の内川に同点ソロを浴びたものの、6回途中まで4安打1失点。6回1死二塁で辛島をリリーフした宋家豪が内川、松田を三振に切り、ピンチを脱出。勝ち越しに成功した7回からは高梨、福山、松井裕で逃げ切った。

人気記事ランキング