野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 楽天2連勝、梨田監督は投手陣絶賛「しびれる展開」 下克上へ「やっと五分」

楽天2連勝、梨田監督は投手陣絶賛「しびれる展開」 下克上へ「やっと五分」

楽天が、2連勝を飾り、下克上にまた一歩前進した。

楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】
楽天・梨田昌孝監督【写真:荒川祐史】

王者ソフトバンクに連勝で2勝1敗、宋の好投には「(ソンではなく)得してますよ」

 楽天が、2連勝を飾り、下克上にまた一歩前進した。19日、敵地ヤフオクドームで行われたリーグ王者ソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第2戦。初戦に勝利していたリーグ3位の楽天は接戦を制して、2-1で勝利。ソフトバンクには1勝のアドバンテージがあるものの、これで2勝1敗とした梨田昌孝監督は「辛島が久しぶりの登板でしっかりゲームを作ってくれた。そのあと宋が2人を三振にとってくれて、高梨も、サブ(福山)がまた回跨ぎを投げてくれて。痺れる展開でした」と1失点で繋いだ投手陣を称えた。

 先制点は意外な形でもたらされた。初回1死一塁で銀次が、ソフトバンク先発の千賀から右前安打。この打球に右翼・川島がバウンドを合わせられず、打球が頭上を越えて後逸。グラウンドを転がる間に、一塁走者の藤田が本塁へと生還し、初戦に続く先制点を奪った。

 同点とされて迎えた7回には、先頭の聖沢が三遊間のゴロを放つと、一塁へ執念のヘッドスライディングで内野安打に。「ああいうプレーが尊いね。ベテランがヘッドスライディングして、それが乗り移るというか。ああいうプレーがありがたい」と指揮官も絶賛のプレーが飛び出し、岡島が犠打を決めて1死二塁。ここで嶋が千賀の101球目を左中間へとはじき返して適時二塁打とし、これが決勝点となった。

 先発の辛島は、前日の塩見に続き好投した。「すごく腕を振れていた」と指揮官。4回先頭の内川に同点のソロを浴びたものの、6回途中まで4安打1失点に抑える好投だった。6回1死二塁で辛島をリリーフした宋家豪が内川、松田を三振に切り、ピンチを脱出。今季途中に育成から支配下となった台湾人右腕の好投に「(ソンではなく)得してますよ、本当に」と指揮官のギャクも冴え渡る。7回からは高梨、福山、松井裕を投入し、逃げ切った。

 これで、初戦に続いて連勝。ソフトバンクにはアドバンテージ1勝があるものの、2勝1敗として白星を先行させた。「これでやっと五分になったかな。まだ、そんな甘いものじゃない。タイになったと思うくらいで、先は長いですよ」と梨田監督は言う。第3戦からは則本、岸、美馬とローテの中心が続々と先発する予定。3位からの下克上を狙う楽天に、追い風が吹き始めている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング