野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • またも「衝撃の10球」― 快投の前田健太に絶賛の声「右打者には厳しすぎる」

またも「衝撃の10球」― 快投の前田健太に絶賛の声「右打者には厳しすぎる」

デイブ・ロバーツ監督が名付けた「右打者キラー」という命名はダテではなかった。敵地リグレー・フィールドでドジャースはポストシーズン7試合目にして初黒星を喫したが、「MAEDA」は圧巻の輝きを放った。

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

PSは4戦連続無失点、わずか36球で打者12人を完璧に仕留める快投

 ドジャースの前田健太投手は18日(日本時間19日)、敵地で行われたカブスとのリーグ優勝決定シリーズ第4戦で2点を追う7回に4番手で登板し、1回無安打無失点1奪三振と快投した。全10球中9球がストライクで、3者凡退に抑える圧巻の投球。前田はポストシーズン(PS)で計4回を投げ、打者12人をわずか36球で全員凡退に仕留めるパーフェクトぶりを見せている。

劇的白星発進の侍ジャパン、岩村明憲氏が絶賛する「黒星消した上林の一振り」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この日も右打者3人を手玉にとる快投に、地元テレビ局も「マエダは右打者にとってあまりに厳しすぎる」と称賛。試合は、3連勝で王手をかけていたドジャースが敗れ、3勝1敗に。ドジャースは今ポストシーズンの連勝が「6」で止まった。

 デイブ・ロバーツ監督が名付けた「右打者キラー」という命名はダテではなかった。敵地リグレー・フィールドでドジャースはポストシーズン7試合目にして初黒星を喫したが、「MAEDA」は圧巻の輝きを放った。

 1-3で迎えた7回にマウンドに上がり、先頭コントレラスはあっという間に3球三振。すると、試合を中継していた「FOXスポーツ」の実況は外角に急降下する魔球スライダーのあまりの切れ味に脱帽した。

「マエダは右打者にとってあまりにも厳しすぎます。コントラレスの三振で幕をあけました」

人気記事ランキング