野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA「一つ前の段階」で意味ある1勝 「昨年よりも勢いに乗れる」

DeNAが19日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に6-2で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を1勝2敗とした。

DeNA・濱口遥大【写真:荒川祐史】
DeNA・濱口遥大【写真:荒川祐史】

ルーキー濱口が7回2失点の力投「安定したいい投球をしてくれた」

 DeNAが19日にマツダスタジアムで行われたセ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦に6-2で勝利し、アドバンテージを含めた対戦成績を1勝2敗とした。

 先発の濱口が7回2失点と好投。7回に入った時点での投球数は110球を超えていたが、ラミレス監督はルーキー左腕を続投させた。「シーズン中でもあれだけ球数を投げたことはなかったが、まだまだスタミナがあるようだったので投げさせた。バランスも良かったし、安定したいい投球をしてくれた」。試合後には満足そうだった。

 打線は4番の筒香が4打席ノーヒットに終わったが、5番の宮崎が先制打にダメ押しの一発と、3安打3打点と活躍。3回の先制打は、1死満塁から筒香が三振した後の一打で、先制点が試合の流れを引き寄せた。

 ラミレス監督も「彼は首位打者。シーズン中も筒香が打てなかった時にカバーしてくれた」と絶大な信頼感を寄せる。さらに指揮官は、5回に代打で貴重な追加点を放った乙坂も称賛。「高城に代打を出してもいいのではないかと、光山コーチから進言があった。今は彼が代打の一番手の存在だし、ポストシーズンでこれだけやってくれるのは大きい」と、阪神とのCSファーストステージから続く活躍を喜んだ。

 連敗すれば相手に王手をかけられる状況だったが、投打がかみ合っての快勝に、ラミレス監督の表情は明るかった。「昨年は2連敗の後に1勝して、次で敗れてしまった。今年は一つ前の段階で勝てたので、昨年よりも勢いに乗れるかもしれない。この勢いを明日のジョンソンにぶつけていきたい」。昨季のリベンジとシーズン3位からの下克上に、ラミレス監督は闘志を燃やしていた。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング