野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

攻守に貢献、“下克上”狙う楽天に大きな2勝目をもたらした正妻・嶋の働き

キャプテンの一振りが、大きな勝利を運んできた。19日にヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第2戦。初戦に勝利していた楽天に2連勝となる白星をもたらしたのは、キャプテンの嶋基宏捕手のバットだった。

楽天・嶋基宏【写真:荒川祐史】
楽天・嶋基宏【写真:荒川祐史】

同点の7回に左中間を破る勝ち越し二塁打

 キャプテンの一振りが、大きな勝利を運んできた。19日にヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)・ファイナルステージ第2戦。初戦に勝利していた楽天に2連勝となる白星をもたらしたのは、キャプテンの嶋基宏捕手のバットだった。

 同点で迎えた7回。先頭の聖沢が三遊間へのゴロで一塁にヘッドスライディングして内野安打をもぎ取ると、岡島が犠打を決めて1死二塁のチャンスを作った。ここで打席に入った嶋は「聖沢も必死に走ってヘッドスライディングしてましたし、その気持ちに応えたい、そういう思いでした」。2ボール2ストライクからの5球目。ソフトバンク先発の千賀が投じたこの日の101球目、内角低めへの真っ直ぐを捉えた。

「簡単に追い込まれてしまったので、何とかと。このポストシーズン全く打っていなかったので、いいところで1本出てよかったです」

 鋭い打球は、遊撃の頭上を襲い、そのまま左中間を破っていった。二塁走者の代走・田中は悠々とホームへと生還。ファーストステージも通じて、このCSでの初安打が、勝ち越しの適時二塁打となった。

 この日はバットでも存在感を発揮した嶋だが、このCS、リード面が光っている。ファイナル初戦は塩見、この2戦目は辛島が先発だったが、緩いカーブを効果的に使い、強気にインコースも突いた。そして、圧巻だったのは、タイムリーを放つ直前の6回だ。

 辛島が先頭の今宮に左翼線への二塁打を許した。続く中村晃は送りバントに失敗し、1死二塁に。4回に同点ソロを放っていた4番の内川を迎えるところでベンチは、辛島から宋家豪(ソン・チャーホウ)への継投を決断。この宋へのリードが光った。

人気記事ランキング