野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2連勝の楽天が3試合連続で先制 銀次&ウィーラーで好機演出、島内が先制打

楽天が3試合連続で初回に先制点を奪った。敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。2連勝で第3戦を迎えた楽天が、またしても先制点を奪った。

楽天・ウィーラー【写真:(C)PLM】
楽天・ウィーラー【写真:(C)PLM】

ソフトバンク和田から先制

 楽天が3試合連続で初回に先制点を奪った。敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。2連勝で第3戦を迎えた楽天が、またしても先制点を奪った。

【PR】「DAZN」はCS全試合をライブ中継! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

 初回2死となってから、ソフトバンク先発の和田に襲い掛かった。銀次が中前安打を放つと、ウィーラーも左前へとはじき返して2死一、二塁。このチャンスで5番の島内が3ボール2ストライクから、外角へのカットボールに食らいついた。ボールにちょこんと合わせた打球はフラフラと舞い上がり、背走した遊撃・今宮の先にポトリ。フルカウントだったため、スタートを切っていた二塁走者の銀次が本塁へと生還した。

 初戦、2戦目とともに初回に先制点を奪い、ともに逃げ切って勝利していた楽天。ファーストステージ、ファイナルステージ合わせて5試合全てで先制したチームが勝利しており、楽天にとっては、大きな1点をもぎ取った。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」