野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトBすぐ反撃、打線組み換え的中で則本から2点奪い逆転 CSで初めてリード

ソフトバンクがすぐさま反撃に転じた。20日、本拠地ヤフオクドームでの楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。初回にいきなり先制点を奪われたリーグ王者が、すぐさま試合をひっくり返した。

初回に和田が1失点も…デスパイネと松田のタイムリーで逆転

 ソフトバンクがすぐさま反撃に転じた。20日、本拠地ヤフオクドームでの楽天とのクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦。初回にいきなり先制点を奪われたリーグ王者が、すぐさま試合をひっくり返した。

 先制を許した直後、1回裏の攻撃。思い切って組み換えた打線が的中した。先頭の今宮が中前安打で出塁すると、スタメンに抜擢された城所が送りバントを決めて1死二塁。このチャンスで5番から3番へと回ったデスパイネが右前へとはじき返した。

 二塁から今宮が本塁へとかえり、すぐさま同点とすると、5番に入った長谷川はボテボテのゴロが投手への内野安打に。チャンスを広げ、ここまでクライマックスシリーズ無安打だった松田に左翼線への適時二塁打が飛び出して、一気に逆転に成功した。第2戦までの2試合、もどかしい思いをしてたスタンドのソフトバンクファンは、CSで初めて奪ったリードに大いに沸いていた。

人気記事ランキング